無料オンラインWMA WEBM変換

  1. [メディアの追加] をクリックしてWMAファイルをアップロードします。
  2. 出力フォーマットがWEBMに設定されていることを確認します。
  3. [変換] をクリックします。

人気のコンバーター:

4.6 (20,522 件のレビュー)
使用可能な翻訳: JP, DE, EN, FR, IT, ZH, KR, PL, PT, NL, ES
に変換

Movavi ConverterによるWMA WEBM変換の方法

複数のファイルを変換する必要がある場合や、オンラインコンバーターにはファイルが大きすぎる場合はデスクトップ版をお試しください。Movaviのコンバーターは汎用のオーディオ、ビデオ、および画像フォーマット変更ツールです。180を超えるファイルフォーマットに対応しており、高い出力品質と解像度でファイルを迅速にまとめて変換できます。SuperSpeedモードでは品質を損なわずに最速で変換できます。Windows PCとMacの両方のバージョンがあり、非常に軽量なので非力なコンピューターでも写真、ムービー、音楽ファイルを処理できます。

高速かつ簡単にWMAをWEBMに変換するには?以下のガイドで確認してください!

ステップ 1. Movaviコンバーターのダウンロードとインストール

ファイルコンバーターを使用するには?まず、Microsoft WindowsまたはMacintosh用のソフトウェアバージョンをダウンロードして起動し、画面の指示に従って進めてください。アプリがコンピューターにインストールされると、自動的に実行されます。

ステップ 2. WMAファイルの追加

変換したいWMAファイルを探し、それをプログラムのウィンドウにドラッグアンドドロップします。このアプリケーションは大量のファイルを変換できます。一度に転送できるファイルの数に制限はありません。

ステップ 3. WEBMを出力フォーマットとして選択

[フォーマット] メニューでメディアを変換するファイルタイプを選択し、ファイルのターゲットフォーマットを選択します。また、別のビットレート、解像度(HD、Ultra HD、さらには4Kなど)、コーデックなどを選択して変換設定を変更できます。SuperSpeedのラベルに注意してください。このラベルは品質を損なわずに超高速な変換が行われることを示しています。

ステップ 4. WMAをWEBMに変換

出力フォルダーを指定するには、[保存先] ボタンをクリックします。[変換] ボタンを押すと処理が開始されます。変換が完了すると、新しいメディアファイルが選択されたフォルダーに保存されます。

これでMovaviコンバーターを使用してファイルフォーマットを変更する方法が分かりました。このツールを使用すると、ファイルサイズを減らしたり、ビデオからクリップを切り抜いたり、画像をクロップしたり、お気に入りのムービーからアニメーションを作成したりすることもできます。無料体験版を入手してお試しください!

WMAとは?

氏名

Windows Media Audio

フォーマットタイプ

オーディオ

開発元

Microsoft

説明

Windows Media Audioは、しばしばWMAと呼ばれ、1999年にマイクロソフト社によって作成された古いオーディオフォーマットです。WMAファイルタイプは、MP3よりも低いビットレートでより良い音質を提供し、その結果、ファイルは小さくなります。WMAオーディオトラックは、ほとんどのメディアプレーヤーやモバイルデバイスがもはや再生をサポートしていないため、扱いに頭を悩ませることがあります。ウィンドウズ以外のコンピュータでWMAを再生したい場合は、ファイルをより一般的なフォーマットに変更することをお勧めします。WMAファイルの開き方や一般的な仕様について知りたい方は、以下の表をご覧ください。

ファイル拡張子

.wma

技術情報

各WMAファイルは、4つのサブフォーマットのうちの1つのオーディオトラックを持っています:WMA、WMA Voice、WMA Lossless、WMA Proです。WMAファイルは通常、デジタル・オーディオおよびビデオ・データの保存に使われるアドバンスト・システムズ・フォーマットに含まれています。WMAは最大サンプリングレート48kHz、最大ステレオオーディオチャンネル数に対応しています。WMAフォーマットのバージョン9.1では、遅延の少ない方式を採用したため、エンコードの遅延が大幅に短縮されました。

関連プログラム

Windows Media Player、Windows Movie Maker、VLC、その他

WEBMとは?

氏名

Web Media File

フォーマットタイプ

ビデオ

開発元

On2, Xiph, and Matroska; now supported by Google

説明

WebMはWeb Media Fileの略。2010年にウェブ用に特別に作成された、ロイヤリティフリーのオープンなオーディオビジュアルファイル形式です。WebMファイルを再生する方法がわからない場合は、WebMフォーマットの仕様に関する情報と、これらのファイルの再生をサポートするプログラムのリストを以下に示します。

ファイル拡張子

.webm

技術情報

WebMファイルタイプは、HTML5のビデオおよびオーディオ要素で使用されます。可変のビデオフレームレートとオーディオビットレートをサポートしています。WebM ファイルでは、ビデオ ストリームは VP8 または VP9 ビデオ コーデックで圧縮され、オーディオ ストリームは Vorbis または Opus オーディオ コーデックで圧縮されます。

関連プログラム

QuickTime Player、Google Chrome、Opera、Mozilla Firefox、YouTube、Adobe Flash Player

参加してハウツーガイド、特別オファー、アプリのヒントを入手しましょう!