2021年を代表するPCおよびスマートフォン向けビデオエディター20選

選び抜かれた最高のビデオ編集プログラム

動画を作成および編集する目的は重要ではありません。動画編集ソフトを楽しく操作できることが重要です。最高のビデオエディターを見つけていただくため、有料、無料、スマートフォン用、オンラインプログラムといった人気ランキングによく登場する各種カテゴリのプログラムを幅広く掲載しています。各プログラムの主な長所と短所について簡単に説明します。

有料ビデオエディター

Movavi Video Editor Plusは非常に簡単に習得できる、おすすめのビデオエディターです。すべての基本機能は「一目で」わかるため、初心者でも理解できます。また、このプログラムにはSNSで人気を獲得できる短いビデオから、心温まる家族のムービー、さらにはマイケル・ベイ風の壮大なアクション映画まで、ほぼあらゆるビデオを制作するための多くのツールとエフェクトが含まれています。

Movavi Video Editor Plusは、ビデオ編集の初心者と経験豊富なビデオクリエーターの両方に適しています。年間サブスクリプションの費用は$44.95 、永続ライセンスの費用は$64.95 です。体験版もあります。

長所:

  • シンプルなインタフェース
  • 豊富な機能や効果のセット
  • 優秀な技術サポート

短所:

  • 7日間の体験版に機能制限があること

Adobe Premiere Proは定番の動画編集ソフトです。Windows版とMac版があります。ほとんどの場合、このプログラムは複雑な動画編集を専門的に行うユーザーが使用しています。このプログラムには、プロユースに適した膨大な数の各種ツールと設定が含まれています。ただし、Premiere Proは編集を専門としています。高度なビデオおよびオーディオ効果が必要な場合は、Adobe Creative Cloudエコシステムから他のプログラムを購入する必要があります。Adobe Premiere Proの月額サブスクリプションは最低$20.99から購入できます。

長所:

  • プロレベルの編集に対応した強力なツール
  • インターネット上に多くの説明動画がある

短所:

  • インターフェースが初心者には複雑である
  • 高度な効果を作成するには他のモジュールを購入する必要がある

このプログラムは、プロのビデオ編集者にも最適です。AIによる映像の手ブレ補正、モーショントラッキング、HDR技術による高度な色補正など、正確で複雑なビデオ編集に対応したさまざまなオプションがあります。

Vegas Proは機能が複雑であるため、初心者には抵抗があるかも知れません。ただしプロは、定期的に更新され新しく開発される豊富な機能セットを間違いなく高く評価するでしょう。月額サブスクリプションの価格は$ 23.99、永続ライセンスの価格は$ 399です。

長所:

  • 人工知能を使用した高度な機能
  • ハードウェアの要件が厳しくない

短所:

  • SVGファイルをサポートしていない
  • トランジションやタイトルの数が少ない
  • macOSバージョンが存在しない

その名前から分かるとおり、このプログラムもプロがビデオを処理することを想定したものです。Adobe Premiere ProとVegasProとの主な違いは、このプログラムはAppleによって開発されたもので、macOSでのみ使用できることです。そのため、MacBook Air / Pro、iMac / iMac Pro、MacPro / Macminiをお使いの場合は、Final Cut Proが最適なオプションだと言えます。

プログラムの基本機能に加えて、8Kでのビデオ処理、本格的な効果の追加に対応しています。また、360度動画を編集できます。Final Cut Proライセンスの費用は約$ 300です。

長所:

  • 360度ビデオを編集可能
  • 最大8Kの解像度をサポート

短所:

  • 複雑なインターフェース

Icecream Video Editorは、基本的な機能を備えた非常に基本的なビデオエディターです。ビデオとオーディオのトリミング、トランジションと効果の追加、ビデオの速度変更に対応しています。プログラムのインターフェースはAdobe Premiere ProやVegas Proよりもはるかにシンプルであるため、初心者から高く評価されています。Icecream Video Editorは概して、ちょっとした編集が必要なだけで、複雑なインターフェースの理解を好まないユーザーに適しています。プログラムの完全版は$29.95の費用がかかります。

長所:

  • 基本的な編集に必要なすべての機能を搭載
  • シンプルなインターフェース

短所:

  • macOSをサポートしていない
  • ユーザーがバグやフリーズについて不満を抱えている

無料ビデオエディター

何よりもまず、VSDCには無料版が存在するという強みがあります。また、この無料版ではビデオを効率よく編集できるだけの便利なツールと機能を使用できます。さらに、このビデオエディターは解像度が4Kのビデオをサポートしています。

欠点としては、エクスポート速度がかなり遅いことと、旧バージョンのMicrosoft Officeに似たインターフェースが若干古めかしいことが挙げられます。

長所:

  • 効果、フィルター、クロマキー、色補正など、機能が豊富である
  • 4Kビデオの編集に対応している

短所:

  • macOSがサポートされていない
  • 古めかしい昔ながらのインターフェース

"こちらも試す価値のある無料のビデオ編集ソフトウェアです。基本的なビデオ編集機能(トリミング、音楽のオーバーレイ、フィルターなど)が必要なだけでなく、複雑なプロ向けのプログラムを理解したくない場合に適しています。Shotcutには、ビデオとオーディオの操作に対応した多数の便利なツールと、カスタマイズ可能な非常にシンプルなインターフェースが搭載されています。 "

長所:

  • 豊富な機能セット
  • カスタマイズ可能なインターフェース

短所:

  • 複雑なプロジェクトに対応できるツールが不足している

NCH SoftwareのVideoPadは、スライス、フィルター、タイトルなどの基本的なビデオ編集機能を備えた高品質なビデオエディターです。ただし、インターフェースは若干古めかしいものです。このプログラムは概して、ビデオ編集に慣れたばかりの初心者に適しています。

長所:

  • 基本的な機能を完備
  • 初心者に好適

短所:

  • 古めかしいインターフェース
  • 効果の数が少ない

DaVinci Resolveはプロ向けの優秀なビデオエディターで、完全無料版があります。このプログラムは高度な色補正に対応した強力なツールに加えて、さまざまなオーディオ編集機能が搭載されていることも知られています。

プロ向けのプログラムにありがちな欠点ですが、DaVinci Resolveには経験の浅いユーザーが非常に戸惑う可能性のあるインターフェースが搭載されています。

長所:

  • プロ向けの無料ビデオエディター
  • 豊富なオーディオ編集ツール

短所:

  • 複雑なインターフェース

Lightworksも、動画編集に広く使用されているプロ向けのソフトウェアです。Lightworksには基本的なツールに加えて、レイヤー、特殊効果、トランジション、タイトルの編集ツールが搭載されています。

このビデオエディターの欠点として、ビデオが720pの解像度でエクスポートされることが挙げられます。ビデオを1080pで保存するには完全版を購入する必要があります。また、経験の浅いユーザーはプログラムのインターフェースを習得するのに時間を要します。

長所:

  • 複雑なプロジェクトの作成に適したプロ向けのツール
  • 3つのOSで使用可能

短所:

  • 無料版では720pの解像度でしかビデオをエクスポートできない
  • 複雑なインターフェイス

スマートフォン向けビデオエディター

Movavi Clipsを使用すると、スマートフォンやタブレットでビデオをすばやく簡単に編集できます。このアプリケーションは、モバイルビデオエディターとしてはかなり豊富な機能を提供しています。また、切り取りと結合に加えて、ビデオのトリミングと回転、トランジションとフィルターの追加、音楽の追加、再生速度の調整に対応しています。

このアプリケーションは豊富な機能セットを提供しているにもかかわらず、非常にシンプルで使いやすく作られています。綿密に考慮されたインターフェースを搭載しているため、アプリケーションの使用方法を習得するのに時間を費やすことなく、すぐに作業を開始できます。

長所:

  • タイムラインで簡単にビデオを切り取り可能
  • 種類豊富な編集ツール
  • シンプルで直感的なインターフェース

短所:

  • 無料版では保存したビデオに透かしが適用される

VivaVideoは優れたiOSおよびAndroidアプリであり、ビデオ編集も簡単に行えます。このビデオエディターは非常に使いやすく作られています。また、音楽のオーバーレイ、ビデオの切り取り、トランジションとタイトルの追加などの機能があります。

マイナス面としては、ユーザーが頻繁なフリーズや無料版の機能制限について不満を持っていることが挙げられます。

長所:

  • シンプルなインターフェース
  • 基本的な編集ツールを完備

短所:

  • 一部機能の動作が不安定
  • 無料版には機能制限あり

CyberlinkのPowerDirectorは評価の高いビデオエディターであり、基本的な機能に加えて、ビデオの手ブレ補正、クロマキー、キーフレーム、その他多くの高度な機能を持つ最強の編集ツールをモバイルデバイス向けに提供しています。ただし、レビューから判断する限り、機能の豊富さがインターフェースに影響を与えているようです。多くのユーザーが、アプリケーションの使いにくさに言及しています。

長所:

  • 複雑なプロジェクトに適した強力なツール
  • アプリケーションの動作が安定している

短所:

  • 機能が過剰に詰め込まれている
  • 複雑なインターフェース

GoProのQuikアプリは、ビデオの自動作成に興味のある人を満足させます。自動モードを使用すると、複数のビデオや写真をアップロードしてテーマを選択できます。その結果、音楽、トランジション、その他の機能を含むビデオが完成します。タイトルのフォント、再生速度、背景音を個別にカスタマイズできます。Quikは、創意工夫を行わなずに複数のクリップから美しいビデオを作成したい人に適した選択肢です。

長所:

  • 自動ビデオ作成
  • 直感的なインターフェース

短所:

  • 自分で調整可能なパラメーターが少ない

WeVideoアプリには、トリミング、キャプション、音楽のオーバーレイなど、基本的なビデオ編集機能がすべて含まれています。また、このプログラムでは、編集したビデオをクラウドにアップロードし、オンラインバージョンでコンピューターを使用して編集を完了できます。このアプリは概して、基本的なビデオ編集ツールのみが必要なユーザーに適しています。

長所:

  • シンプルなインターフェース
  • クラウドサービスにビデオをアップロードしてコンピュータで作業を継続可能

短所:

  • 機能が非常に限られている
  • 無料版では透かしが入る

オンラインビデオエディター

MovaviのFastreelは、クリップの編集に必要なすべての基本ツール(トリミング、スライドショーの作成、ビデオ速度の変更、フィルター、タイトル、背景音の追加)を備えた便利なオンラインビデオエディターです。

MovaviのFastreelはフリーのオンライン動画編集ソフトです。個々のツールに加えて、祝日の挨拶、マーケティングとビジネス、教育、ソーシャルメディアなどに適した30種類以上のテンプレートが付属しており、日本語にも対応しています。テンプレートは非常に便利に使用できます。テンプレートを選択したら、テキストを入力し、写真とビデオを追加して、結果を保存するだけです。その後、Fastreelがビデオを完成させます。

長所:

  • 種類豊富な編集ツール
  • 直感的な操作
  • さまざまな目的に対応するテンプレート

短所:

  • 高度な機能が少ない

Kizoaは、初心者とプロの両方がよく使用している人気のオンラインビデオエディターです。このサービスの強みには、優れた機能セットと、必要なアスペクト比を設定できる機能があります。Kizoaの主な欠点は、古めかしく混乱を招くことのあるインターフェースと、有料版でしか高品質なビデオをエクスポートできないことです。

長所:

  • 優れた機能セット
  • アスペクト比の選択機能

短所:

  • 古めかしいインターフェース
  • ユーザーから一部の機能が不安定であると報告があること

もう一つのオンラインビデオ編集サービスをご紹介します。このビデオエディターはトリミング、減速、テキストのオーバーレイ、スライドショーメーカーの機能を提供しています。このオンラインサービスの欠点としては、機能の数が少なく、インターフェースが分かりにくいことが挙げられます。

長所:

  • 基本的な編集ツールを使用可能

短所:

  • 設計が不十分なインターフェース
  • 制作用のツールが少ない

Renderforestは業務用ビデオの制作に最適なオンラインビデオエディターです。このサービスを使用すると、プロモーションビデオ、ビジネスプレゼンテーション、ビデオロゴ、SNS用のビデオをすばやく作成できます。

ユーザーは、明確なインターフェースと豊富なテンプレートの数々を活用できます。このオンラインエディターの欠点としては、正方形のビデオを作成できないことや、テンプレートの柔軟な設定がないことが挙げられます。

長所:

  • シンプルなインターフェース
  • 種類豊富なテンプレート

短所:

  • (Instagram用などの)正方形のビデオを作成不可
  • テンプレートの設定が多くない

結論

以上がPCおよびスマートフォン向けの代表的なビデオエディターになります。この情報が、皆さんが活用できるソフトウェアを発見するのに役立つことを願っています。それでは先に進みましょう。ビデオ編集スキルを磨き、あなたのビデオをレベルアップしましょう。編集をお楽しみください!