無料AI 画像編集ソフトの2024年おすすめ8選

AIを活用したMovavi Photo Editorの機能をお試しください:

  • 色調補正を使った画質の向上
  • 背景の変更
  • 不要なオブジェクトの削除
  • 古い写真の復元

ダウンロードボタンをクリックするとプログラムの体験版がダウンロードされます。*

7,386

AIツールを使用すれば、プロのような写真編集が可能です。適切なAIフォトエディターでできることは驚くほどあります。具体的には、古びてひどく損傷した写真を復元したり、ゼロからアートを生み出したり、画像からオブジェクトを削除して、まるでそこには何もなかったかのような状態にできたりします。ここに集めたのは、上位8位に入る、プログラム、オンラインツール、モバイル用のAI 画像編集アプリです。ご一緒にあなたにぴったりのAIフォトエディターを見つけましょう!

簡単なまとめ

  1. AIを活用したモバイル画像エディター:Fotor AI Photo Editor

  2. オンラインAIツール:Canva

Movavi では、検証済みの情報のみをお客様に提供することを第一の目標としています。これを保証するために、当社が行っていることを以下に示します:

  • レビューに含める製品を選定する際には、需要と人気度の両方を調査しています。

  • この記事のすべての製品は、Movavi Content Team によってテストされています。

  • 写真の拡大縮小やトリミング、オブジェクトや背景の除去、画像の復元、その他の重要な機能など、各製品の主な特徴を比較しています。

  • 自社製品のレビューを書く際には一般的なレビュープラットフォームのユーザーレビューを調査し、その情報を利用しています。

  • ユーザーからのフィードバックを収集し、Movavi製ソフトウェアだけでなく他社製品に関する意見も分析しています。

最適なAI写真編集 (画像処理) ソフトウェア

デスクトップ用として優れた力を発揮するこれらのAI画像/画像修正 AIエディターを使えば、趣味で写真を撮る人からプロの写真家に至るまであらゆるユーザーが、効率的かつ正確に驚くほど素晴らしい画像を作成でき、結果として自身のクリエイティブなビジョンを実際の画像として形にできることになります。

最適な用途:古い写真の復元、色調補正、背景の変更、画像からのオブジェクトの削除

OS: Windows, macOS

G2評価: 4.7/5

MovaviのAI画像エディターを使用すれば、最小限の労力で写真を簡単に補正できます。Movavi Photo Editorは、AIを活用した色調補正ツールが自慢です。2回のクリックで補正でき、映画のような写真になります!このAIフォトエディターは、古びて損傷した写真にも魔法をかけ、強力な復元ツールが思い出を蘇らせます。背景を削除/変更したい、写真に写り込んではいけないオブジェクトを削除したいですか?Movavi Photo Editorではそれが可能ですし、当然のことながら、背景除去などの必要とされる基本的な/高度な写真編集機能も備わっています。あなたがこういった機能を求めているなら、Movaviのエディターこそ、最も適したAIフォトエディターとなります。


特徴: 

  • スマートな色調補正
  • 背景の変更と削除
  • オブジェクトの削除
  • 古い写真の復元ソフトツール
  • レタッチ機能
  • 100種類以上のフィルター

長所:

  • 写真編集に関する深い知識は不要

  • わかりやすいユーザーインターフェースを提供

  • 初心者でもプロ並みの写真に

短所:

  • 無料体験版には制限があります。

最適な用途:ポートレート補正

OS: Windows, macOS

G2評価 4.2/5

Luminar Neoは、プロや写真愛好家のために設計された強力なAI Photo Editor (AIフォトエディター) です。Skylumが開発したLuminar 4の後継機種であり、高度な/拡張機能が備わっています。Luminar Neoは、人工知能の活用により写真編集プロセスを合理化し、向上させます。


特徴

  • 画質を向上させ、色調を改善するという目的から見て最適のAI 画像処理/AIフォトエディター
  • 空の置き換え
  • カスタマイズ可能な幅広いテンプレート
  • レイヤベースの編集
  • 高度なフィルター

長所:

  • AIを活用した画像編集 AIポートレート補正ツール

  • テンプレートライブラリ

短所:

  • バージョンや機能によっては、Luminar Neoの方が他のAI画像エディターよりも高価になることがあります。

最適な用途:コンテンツに応じた塗りつぶしや削除

OS: Windows, macOS

G2評価 4.6/5

Photoshop® Generative Fill®は、Adobe Photoshop®に入っているAIを活用した最先端の機能であり、代表的なAI写真編集ソフトウェアです。高度な人工知能アルゴリズムを活用し、画像のオブジェクトを賢く塗りつぶしたり削除したりすることで、シームレスかつリアルな編集ができます。Generative Fill®は、複雑なレタッチや加工作業がしやすくなるよう写真家やグラフィックデザイナー向けに設計されたAIフォトエディターです。


特徴:

  • AIを活用したオブジェクト除去
  • 画像内の重要な要素を保持するオブジェクト保存機能
  • 出力データのカスタマイズが可能
  • コンテンツに応じた塗りつぶし機能の向上

長所:

  • リアルな仕上がり

  • 時間の節約

  • カスタマイズツール

短所:

  • Photoshop® Generative Fill®の利用には、Adobe Creative Cloud®のサブスクリプション登録が必要となるため、ユーザーにとっては割高感があるかもしれません。

  • Photoshop®や複雑な画像編集を初めて使うユーザーがこのツールを使いこなすには、多少の学習が必要となるかもしれません。

モバイルデバイスに最適なAI画像エディター

これらの直感的かつ豊富な機能を備えたアプリでは、人工知能を活用してモバイル写真編集が簡単にできると同時にその質も向上しており、スマートフォンを持っていれば誰でも利用できます。ポートレートの補正、芸術的効果の上乗せ、画像のレタッチなど、モバイルデバイス向けとして最適のAI 技術を駆使したAIフォトエディターは、手のひらサイズでプロレベルの編集機能が利用できるため、ユーザーは外出先でも創造性を発揮できます。

最適な用途: AIによる外出先での編集

OS: iOS, Android

App Storeの評価 4.6/5

BeFunkyは、AIを活用した機能を統合した人気のモバイル写真編集アプリです。AndroidとiOSのいずれのデバイスにも対応するよう設計されたこのAIフォトエディターでは、外出先でも利便性の高い編集機能が利用できます。BeFunky Mobileにより、画像を簡単に加工/変換したいユーザーは、写真編集が楽になります。


特徴:

  • AIで強化された多様なエフェクトとフィルター
  • 基本的な編集ツール
  • ユーザーフレンドリーなコラージュ作成ツール
  • AIを活用した背景削除機能
  • スマホでソーシャルメディアグラフィックを作成するのに最適なAIフォトエディター

長所:

  • ユーザーフレンドリー

  • スマートフォンやタブレット上で外出先でも編集可能

短所:

  • プレミアムサブスクリプションを選ばない限り、一部の機能と出力データに透かしが入ることがあります。

最適な用途:クリエイティブな写真編集

OS: iOS, Android

App Storeの評価 4.7/5

Fotorは無料であり、AndroidとiOSのいずれのデバイスにも対応し、AIで強化された機能を統合した人気のモバイルAIフォトエディターです。写真を加工/変換したりするための幅広いツールやエフェクトが用意されており、ユーザーのスキルレベルを問わず利用できます。このモバイルAIフォトエディターは、写真編集プロセスを簡素化し、外出中のユーザーにクリエイティブなオプションを提供することを目的としています。


功能:

  • AIで強化されたエフェクトとフィルター
  • 基本的な編集ツール
  • コラージュメーカー
  • ビューティーレタッチ
  • カスタマイズ可能なテンプレート

長所:

  • ワンタップ補正

  • プロフェッショナルな写真エフェクト

  • アーティスティック&クリエイティブエフェクト

短所:

  • 出力データには透かしが入ることがある

オンラインで使えるAI画像エディター

オンラインでの使用に最適なAIフォトエディターは、非常に多用途です。テキストから画像を生成できるものもあれば、AIを使用して画像からオブジェクトを抽出できるものもあります。

最適な用途:ソーシャルメディアのグラフィックやマーケティング資料の作成

OS:ウェブベース

G2評価 4.7/5

Canvaは、オンラインで利用でき、WindowsとMacのいずれにも対応している無料かつ人気の高いAIフォトエディターであり、AIとの統合によるデザイン提案を行い、ソーシャルメディアのグラフィック、マーケティング資料、プレゼンテーションなど、さまざまなビジュアルコンテンツの作成を効率化します。


功能:

  • AIを活用したデザイン提案
  • 多様なデザインニーズに対応する膨大なテンプレートライブラリ
  • リアルタイムコラボレーションに最適なAIフォトエディター

長所:

  • ユーザーのスキルレベルを問わずユーザーフレンドリーなAIフォトエディター

  • 幅広いデザインニーズに対応

短所:

  • 高度な機能や構成要素の中には、利用のために有料のサブスクリプションに登録する必要があるものもあります。

最適な用途: 写真からオブジェクトやテキストを抽出する

OS:ウェブベース

Product Hunt評価 4.3/5

ClipDropは、人工知能を使って写真からオブジェクト、テキスト、画像を抽出するオンラインのAIフォトエディターです。ユーザーが実際のオブジェクトを撮影・編集できることにより、コンテンツが作成しやすくなります。


特徴:

  • 写真からオブジェクトやテキストを抽出するのに最適なAIフォトエディター
  • 他のソフトウェアやアプリケーションとシームレスに統合

長所:

  • 実際のオブジェクトを撮影・編集するプロセスを簡素化

  • リアルな画像を生成する安定したディフュージョンXL機能を提供

短所:

  • 高度な機能の中には、利用のためにサブスクリプションに登録する必要があるものもあります。

最適な用途:背景の迅速な削除

OS:ウェブベース

Product Hunt評価 4.8/5

Remove.bgは、画像から背景を除去する目的で設計されたオンラインのAIフォトエディターです。背景から被写体を分離する際に迅速かつ簡単なソリューションを提供します。


特徴:

  • 写真から背景を自動的に削除することに特化しています。
  • わかりやすいユーザーインタフェースを提供します。

長所:

  • 背景を迅速かつ正確に除去することに優れています。

  • APIを通じてソフトウェアと統合します。

短所:

  • 単一のタスク用として設計されているため、包括的な写真編集プラットフォームとしては機能しない可能性があります。

最適なAIベースのフォトエディターを選ぶ

以下のヒントは、最適なAIフォトエディターを選ぶ手助けとなります:

  • 編集ニーズを特定する。ご自身の特定の編集要件を定めます。基本的な調整、ポートレート補正、芸術的効果、高度なレタッチなど、自分のニーズを理解することで、最適なAI写真編集ソフトウェアが選べます。
  • 使いやすさを考慮する。自分のスキルレベルに合ったAIフォトエディターを選びます。初心者であれば、直感的なインターフェースとガイド付きツールを備えたアプリやソフトウェアを探しましょう。プロの方であれば、高度な機能を備えたより複雑なソフトウェアを望まれるかもしれません。
  • AI機能を評価する。 エディターのAI機能を評価します。オブジェクトの削除、背景の置き換え、ノイズの軽減、スマートな補正などの機能があるかどうかを確認します。AIを活用したこれらのツールの品質と効果は、編集エクスペリエンスに大きな影響を与えます。
  • 予算とサブスクリプション予算に加え、サブスクリプションモデルに抵抗がないかどうかを検討します。AIフォトエディターの中には、機能を制限した無料版が提供されているものもあれば、フルアクセスするためにプレミアムサブスクリプションへの登録が必要となるものもあります。価格的な面で満足でき、ニーズに合ったものを選びましょう。

AIベースのフォトエディターの比較

プログラム

OS

最適な機能

Windows、macOS

古い写真の復元

色調補正

背景の変更

画像からのオブジェクトの削除

Windows、macOS

画質の向上

空の置き換え

レイヤベースの編集

高度なフィルター

Windows、macOS

オブジェクトの削除コンテンツに応じた塗りつぶし機能の向上

最適なAIアートジェネレーター

  • Dream Studio-動画編集、2D/3Dアニメーション、合成、特殊効果を目的とした場合
  • Runway ML-アートスタイルとアニメーションの生成を目的とした場合
  • Artbreeder-コミュニティ内でのコラボレーションとインスピレーションを目的とした場合

DreamStudioは、動画制作やアニメーションに対する革新的なアプローチで高い評価を得ているクリエイティブAIボットです。この包括的なソフトウェア一式は、ユーザーフレンドリーなインターフェースで知られており、初心者と経験豊富なユーザーのいずれでも利用しやすくなっています。DreamStudioでは、動画編集、2D/3Dアニメーション、合成、特殊効果など、幅広いツールや機能が提供されており、そのすべてで人工知能を活用しています。これで動画制作プロセスが簡素化され、プロ仕様の動画、アニメーション、視覚効果のいずれであるかを問わず、ユーザーはクリエイティブなビジョンを簡単に実現できるようになります。アイデアを魅力的な視覚体験に変える多用途性と効率性を持つため、DreamStudioはコンテンツクリエイター、アニメーター、映画制作者の間で支持を集めています。

他に注目すべきAIアートジェネレーターとしてはRunway MLがあり、その利用しやすさと多用途性が評価されています。Runway MLでは、さまざまな機械学習モデルをアーティストやクリエイターが試せるユーザーフレンドリーなインターフェースを提供しており、多様なアートスタイル、アニメーション、インタラクティブなインスタレーションの生成が可能になります。そのコミュニティ主導のアプローチは、AI生成アートの限界を押し広げるアーティスト、プログラマー、デザイナーからなる活気あるエコシステムを育んでいます。

Artbreederは、その革新的なプラットフォームにより、ユーザーが画像をブレンドして進化させ、まったく新しいユニークなアート作品を創り出せるようにします。GAN(Generative Adversarial Network)を活用したArtbreederでは、アーティストがユーザー生成コンテンツからなる広範なデータベースを探索でき、アートコミュニティ間のコラボレーションとインスピレーションが容易に実現します。これは、AIがどのようにしてクリエイティブなプロセスを大衆化し、アーティストがテクノロジーを活用して自らのビジョンに命を吹き込み、芸術表現の新たな領域を探求できるようにするかということの証明です。これらのAIアートジェネレーターは、テクノロジーと創造性のエキサイティングな融合を体現するものであり、アートの世界で人工知能が持つ無限の可能性をはっきりと示しています。

まとめ

AI写真編集ソフトウェアは、デスクトップ、モバイル、オンラインアプリケーションなど、さまざまなプラットフォームにわたりデジタル画像処理の世界に革命をもたらしました。写真編集に最適なAIソフトウェアには、人工知能アルゴリズムが組み込まれており、写真編集プロセスを簡素化して向上させます。デスクトップの場合、Movavi Photo EditorやAdobe Photoshop ®などのソフトウェアでオブジェクトの削除やインテリジェントな塗りつぶしなどのタスクにAIが活用されており、プロに強力なレタッチ機能を提供しています。モバイル写真の分野では、FotorなどのAIモバイルフォトエディターが、手のひらサイズでクリエイティブな拡張機能と基本的な編集ツールを提供しており、忙しく動き回るユーザーにも対応できるようになっています。BeFunkyやCanvaなどのオンラインプラットフォームでは、ユーザーフレンドリーなインターフェースとAI主導の機能が提供されており、迅速かつ利用しやすい写真編集やデザインが可能になっています。まとめると、これらのAIフォトエディターを使えば、専門知識レベルがさまざまに異なるユーザーであっても、またそのユーザーがポートレートの補正、芸術的効果の上乗せ、目を引くビジュアルコンテンツの作成のいずれを行うにしても、驚くほど素晴らしい画像を作成できるようになります。

Movavi Photo Editor

簡単に画像を補正し、すぐにプロ並みの結果を得ることができます。

* Movavi Photo Editorの試用版には次の制限があります(透かしが追加された画像を10個まで保存可能、スクリーンショットは無効)。

<span class="mention" title="@product:picverse#product_name">Movavi Photo Editor</span>

よくある質問

AIフォトエディターとは?

最適なAIフォトエディターとは?

写真を編集できるAIはありますか?

無料のAIフォトエディターがありますか?

最も優れたAIフォトジェネレーターは?

みんなが使っているAIフォトエディターは?

<p>ご不明な点がありますか?</p>

ご不明な点がありますか?

ご質問に対する回答が見つからない場合は、サポートチームにお気軽にお問い合わせください。

参加してハウツーガイド、特別オファー、アプリのヒントを入手しましょう!