動画を回転しましょう!

Movavi Video Editor をお使いください!
  • 動画を簡単に編集および改善
  • スタイリッシュなトランジション、タイトル、フィルタを追加
  • 動画の手ぶれ補正と逆転、サウンドの均一化など

プログラムをダウンロードし、以下の指示に従います

動画ファイルを回転する方法

電話またはコンパクトカメラで動画を録画すると、(電話またはコンパクトカメラを) 誤った方向で持っていたため、動画が水平方向ではなく垂直方向で録画されており、適切に見ることができないことに後で気づくことがあります。 この撮影を保持したい場合、これを修正する唯一の方法は、映像全体 (または間違って撮影された部分) を回転することです。 Movavi Video Editor は、MOV、MP4 (MPEG-4)、AVI、3GP、WMV、MPEG、FLV、HD動画、およびその他の形式を含めた、ほとんどあらゆる動画形式で動画ファイルを回転することができます。 このソフトウェアをダウンロードし、動画を回転させる方法を学びましょう

動画回転ソフトをインストールする

プログラムファイルをダウンロードし、インストール指示に従って、Movavi Video Editor を PC または Mac にインストールします。

回転したい動画ファイルを選択

プログラムを開き、[フル機能モードでプロジェクトを作成] を選びます。[メディアの追加] をクリックし、回転する必要のある動画を追加します。 アップロードしたファイルは、プログラムウィンドウ下部にあるタイムラインに追加されます。

回転する断片を分離する (オプション)

映像の一部のみを回転する必要がある場合、赤いマーカーを、間違って撮影した画像の開始地点に配置し、タイムライン上で動画を選択し、[分割] アイコンをクリックします。それから、赤いマーカーをシーンの終了地点に移動させ、これを繰り返します。

動画クリップの回転

動画を回転するには、2 種類の方法があります。クリップを 90 度時計回りに回転させるには、タイムライン上でクリップを選択し、[回転] ボタンを必要な回数押します。

動画を任意の角度で回転させたい場合は、[トリミングと回転] ボタンをクリックして、希望の結果が得られるまで [角度] スライダーを移動させます。回転させる角度の値を、スライダー右側のフィールドに入力することもできます。準備ができたら、[適用] をクリックします。

回転した動画を保存

[エクスポート] をクリックし、ポップアップウィンドウ上部のタブから保存オプションの 1 つを選択します。 動画をエクスポートするには、[開始] をクリックします。

 

Movavi Video Editor

動画の作成がこれまでにないほど簡単になりました!

  • タイムライン上でビデオクリップ、画像、オーディオを編集
  • トランジション、フィルタ、タイトル、コールアウトを追加
  • クロマキーやスローモーションなどの特殊効果の使用
  • ビデオを一般的な形式でエクスポート