動画をスロー再生にする方法をお探しですか?

Movavi Video Editor をお使いください!
  • 動画を簡単に編集および改善
  • スタイリッシュなトランジション、タイトル、フィルタを追加
  • 動画の手ぶれ補正と逆転、サウンドの均一化など

プログラムをダウンロードし、以下の指示に従ってください

動画をスローにする方法

スローモーション効果は最近、映画や音楽クリップで幅広く使用されています。この効果により動画に雰囲気を追加し、映画監督は通常のフィルム速度ではオーディエンスが簡単に見逃してしまうようなアクションを印象づけることができます。 動画のスロー再生が好きで、コンピュータにスロー動画編集ツールが必要なら、Movavi のプログラムをお選びください。 Movavi Video Editor を使えば、傑作スロー動画を作成するために特殊なスローモーションカメラは必要ありません。 Movavi のソフトウェアを使って、HD と Ultra HD で素晴らしいスローモーション動画を作成しましょう。方法は非常に簡単です! アプリをダウンロードして、以下の説明に従うだけです。

簡単なガイドを読めば、動画をスロー編集する方法がすぐに理解できます。

Movavi Video Editor のインストール

インストールファイルを開き、スローモーション ビデオエディタをコンピュータにインストールします。

動画ファイルの追加

プログラムを起動し、[フル機能モードでプロジェクトを作成] をクリックします。 [メディアファイルの追加] ボタンをクリックし、スローモーションにするファイルを選択します。 ファイルは、プログラムウィンドウ下部にあるタイムラインに表示されます。

スローモーション効果を適用する

動画をタイムラインに追加した後、[クリップのプロパティ] ボタンをクリックし、[速度] スライダーを左側に移動させてクリップの速度を下げます。 スライダーを使って実験し、超低速の動画を作成しましょう。

オーディオトラックの調整 (オプション)

画面の右上にあるプレビューウィンドウでクリップを再生し、オーディオトラックが希望通りに再生されることを確認します。 動画トラックの速度を変えると、オーディオトラックの速度も変わることを忘れないでください。 元のオーディオの速度を保持したい場合、以下の方法を実行します。

[トラックをミュート] アイコンをクリックして、元のオーディオトラックをミュートにします。

元の動画をタイムラインに再度追加します。 ビデオクリップに加えたオーディオをクリックし、それを [オーディオトラック] にドラッグして最初の動画の下に配置します。 それから、追加した 2 番目の動画はもはや必要ないため、これを削除します。

同じツールを使って、自分のオーディオコレクションから任意のトラックを動画に追加することもできます。 詳細方法については、動画上でオーディオをオーバーレイする方法をご覧ください。

完成した動画のエクスポート

[エクスポート] ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウ左側の適切なタブを選択します。 一般的なあらゆるメディア形式で動画を保存したり、クリップを作成して携帯デバイスで再生したり、ウェブへのアップロード用に動画を準備したりすることもできます。 ユーザーはスローモーション動画の用途を考えるだけで、残りの作業は動画作成ツールが行います! 動画をスローモーションに変換するには、[開始] をクリックします。

 

Movavi Video Editor

動画の作成がこれまでにないほど簡単になりました!

  • タイムライン上でビデオクリップ、画像、オーディオを編集
  • トランジション、フィルタ、タイトル、コールアウトを追加
  • クロマキーやスローモーションなどの特殊効果の使用
  • ビデオを一般的な形式でエクスポート