【無料】おすすめ4K動画編集ソフト9選【2024年最新版】

Movavi Video Editorをお試しください:

  • ビデオの編集と補正が簡単

  • スタイリッシュなトランジション、タイトル、フィルターの追加

  • ビデオの固定化と逆再生、音声のイコライジングなど

ダウンロードボタンをクリックすると、このプログラムの無料版がダウンロードされます。*

編集者: Satoko Smith
11 647

有料および無料の4Kビデオ編集ソフトは数多くあり、いずれも幅広い機能、効果、トランジション、インターフェイス、性能を備えています。 しかし、あなたのニーズに最適なソフトはどれでしょうか?

いくつかの主要なソフトの詳細を確認して、自分に合ったものを比較してみてください。

簡単なまとめ

編集ソフトの候補: Movavi Video Editor

この編集ソフトを使えば、初心者や趣味で使うユーザーでも、既製のテンプレートを使ってプロ並みの動画を作成することができます。このソフトには、クロマキー、モーショントラッキングなどの高度な機能が多数含まれています。

プロユーザーの場合: Adobe® Premiere® Pro

強力な動画編集ツールを備えた従来のソフトウェア。 このソフトウェアは、動画編集と動画制作に長年携わっている専門家に最適です。

Macユーザーの場合: iMovie

Macにプリインストールされている基本的な編集機能を備えた動画編集ソフト。ソフトウェアのダウンロードとインストールに時間を費やしたくないユーザー向け。

この便利なビデオ編集ツールの機能全般については、以下の表を参照してください。

アプリ

主な機能

評価

ダウンロード

  • トランジション効果のサウンド
  • クロマキー、ピクチャーインピクチャー、モーショントラックの各ツール

  • 多種多様な動画編集ツール
  • トランジション、フィルター、モーションエフェクト、アニメーションステッカーのライブラリ

  • 360度VR動画コンテンツを編集する
  • 高速レンダリング
  • 優れたキーフレーム編集

Movaviでは確かな情報のみを提供するように努めており、その目的で以下の対策を行っています。

  • レビューに含める製品を選定する際には、需要と人気度の両方を調査しています。

  • この記事に掲載されているすべての製品は、Movaviコンテンツチームによってテストされています。

  • テストの際は、製品の最も優れた機能とその最適な用途に焦点を当てることを目標としています。

  • 自社製品のレビューを書く際には一般的なレビュープラットフォームのユーザーレビューを調査し、その情報を利用しています。

  • ユーザーからのフィードバックを収集し、Movavi製ソフトウェアだけでなく他社製品に関する意見も分析しています。

2024年の優れた4K動画編集ソフト

複雑な作業から解放されるシンプルで簡単な編集ソフトをお探しの方は、こちらをご覧ください。 Movavi Video Editorは、優れた4K動画編集ソフトウェアパッケージの1つです。 このソフトは直感的に操作でき、応答性に優れており、コンテンツ制作者はフルHDの作品をすぐにレンダリングできます。

制作の容易さと迅速さの主な理由は、Movaviのインターフェースに直接関係しています。 チームがすべてのツールと機能に対してラベリングを明確に行い、ディスプレイ上にボタンを理にかなった位置に配置した様子は、非常に新鮮な光景です。

例えば、左側のグループキー機能モードのボタンによって、編集プロセスのさまざまなステージ間を簡単に切り替えられます。

ボタン、メニュー、またはラッグアンドドロップでファイルをアップロードできるので、制作のキー設定は簡単です。 このソフトウェアは最も一般的なビデオファイル形式をサポートしており、Movaviのチームは常に新しいフォーマット形式に対応するようにソフトウェアをアップデートしています。

Movaviにはインターフェース以外にも、プロ品質の動画を簡単に作成できる重要な要素があります。 トランジションやフィルターの選択肢は豊富ですが、本当に面白いのは高度なツールです。

これらのツールを使用すると、追加のエフェクトを作成したり、ピクチャーインピクチャー、速度、手ぶれ補正、カラー化、アニメーション、クロマキー、オーディオツールなど、さらに詳細な調整を行うことができます。

あらゆる点で、このソフトは市場で最も優れた4K動画編集ソフトの1つです。

長所:

  • シンプルで直感的なインターフェース

  • トランジション効果のサウンドを提供

  • クロマキー、ピクチャーインピクチャー、モーショントラックの各ツール

短所:

  • 限られたトリミング機能

Movavi Video Editorで4K動画を編集する方法

ステップ 1. Movavi Video Editorのインストール

プログラムファイルをダウンロードしたら、ダブルクリックし、インストールの手順に従います。

ステップ 2. ファイルをアップロードする

ファイルを追加をクリックし、編集する4K動画を読み込みます。 動画がプロジェクトファイルに追加されます。 ファイルをプログラムウィンドウの下部にあるタイムラインにドラッグアンドドロップします。

ステップ 3. 動画を編集する

4K動画を編集するには、さまざまな方法があります。 映像を部分的にカットしたり、トランジションやタイトルを追加したり、フィルターを用いてカラーを調整したり、手ぶれした動画を補正したりといった方法があります。 Movavi Video Editorは、このようなクリエイティブなタスクをすべて実行できます。

ステップ 4. 編集結果を書き出す

動画を超高解像度で保存するには、エクスポートボタンをクリックします。 ビデオファイルを保存タブで、最適な動画形式を選択します。 次に、詳細ボタンをクリックし、解像度のドロップダウンリストを開き、3840 × 2160または4096 × 2160を選択します。

特定の4Kテレビで視聴するためにビデオを書き出す場合は、TV 用に保存タブを開き、リストの下部にある必要なプリセットを選択します。 Samsung 4KSony 4K、またはその他の4K(60p)テレビ。

形式を選択したら、開始を押して動画を保存します。

MiniTool MovieMakerは、初心者向けのシンプルな4K動画編集ソフトです。 わかりやすく直感的なユーザーインターフェイスを備えており、目的の編集タブにすばやく移動できます。 例えば、左側には、メディアトランジションエフェクトテキストモーションエレメントの各ボタンがあります。

MiniTool MovieMakerは、最も一般的なファイル形式での動画の読み込みをサポートし、多くの編集ツールを提供します。 縮小/拡大のスライダーを使って動画を正確にトリミングや分割をしたり、動画をクロップしたり、動画の再生速度を変更したり、動画を反転したりできます。

さらに、MiniTool MovieMakerには、スムーズで美しいビデオを作成するためのさまざまなトランジション、フィルター、モーションエフェクトが用意されています。 また、タイトルカード、キャプション、エンドクレジット、アニメーションステッカーを追加して、ビデオを彩ることもできます。

MiniTool MovieMakerのもう1つの無視できない機能は、フェードイン、フェードアウト、音量コントロールなど、動画のオーディオ編集機能です。 また、毎日更新されるいくつかの内蔵された音楽トラックが提供され、音楽を読み込むこともできます。

最も重要なのは、MiniTool MovieMakerが透かし付きのビデオを書き出し、出力用に複数のビデオ形式をサポートしていることです。 このソフトを使用すると、数回のクリックだけで目を引く動画を作成できます。

MiniTool MovieMakerのダウンロード

長所:

  • シンプルで使いやすいインターフェース

  • ビデオをトリミング/分割/クロップ/回転するための標準ツール

  • 透かしなしでビデオを書き出す

短所:

  • Windowsパソコンでのみ利用可能

Pinnacleの現在のバージョンは24で、各バージョンをさらに高速でパワフルにするために、ソフトウェアの中心的な要素を絶えず改良しています。 Pinnacle Studio Ultimate 24を使用すると、4Kビデオを編集し、優れた機能とエフェクトを備えたプロレベルの品質のビデオを作成できます。

Studio 24を使い始めた瞬間から、プロフェッショナルなソフトウェアであることがわかります。 インターフェイスはすっきりしていて使いやすいですが、ソフトの全機能を習得して理解するには時間がかかります。

例えば、Studio 24では、マルチカム編集、ストップモーションビデオ、モーショントラッキング、トラッキングマスキング、アニメーションGIF作成などの機能を使用できます。 360度VRビデオコンテンツも編集できます。 Pinnacleによれば、このソフトには2,000を超えるエフェクトがあり、満足できる数です。

ただし、プロのビデオ編集者にとってStudio 24の重要な機能はキーフレーム編集です。 この機能を使用すると、任意のフレームを完全に制御でき、フレーム内のエフェクトや調整を完全に操作できます。

優れたオーディオ、共有、出力ツールを備えたPinnacle Studio Ultimate 24は、プロのビデオ編集への移行を検討している編集者に最適なソフトです。

Pinnacle Studio Ultimateのダウンロード

長所:

  • 非常に高速なレンダリング

  • 360度VR動画コンテンツの編集が可能

  • すっきりしていてプロ仕様のインターフェイス

短所:

  • PCのみ

  • 初心者向けではありません

  • モーショントラッキング機能は制限されている

Cyberlink PowerDirectorは、プロと初心者の中間に位置する編集ソフトウェアです。 このソフトウェアには多数のエフェクト、トランジション、タイトルが搭載されており、レンダリング時間が非常に速く、素晴らしいビデオを作成できます。

Cyberlink PowerDirectorが他の4K映像編集ソフトと異なるのは、年間または月間のサブスクリプションベースのサービスで、頻繁にリリースされる新しいエフェクトやプラグインを含む最新版をダウンロードできることです。

繰り返しますが、このソフトの対象者はプロと初心者の間の中間のユーザーです。 そのため、映像を完全に制御することはできませんが、モーショントラッキング、手ぶれ補正、カラーマッチング、一部のキーフレームなどのプロフェッショナルな編集機能を利用できます。 また、ベクターシェイプデザインとネストされたビデオ機能を備えており、デュアルビデオプレビューを備えています。

最も重要なのは、プロ向けの動画形式をサポートしていることで、動画編集者が自分の能力を次のレベルに引き上げるのに役立ちます。

Cyberlink PowerDirectorのダウンロード

長所:

  • サブスクリプションベースのコンセプトでお得

  • 一貫性のある更新

  • 多数のプレミアムエフェクトとトランジションが含まれている

短所:

  • インターフェイスはすべてのオプションで雑然としている

  • カラーマッチングは改善される可能性がある

5. iMovie

iMovieは、Appleが提供するMacコンピューター用の無料4K動画編集ソフトウェアです。 App Storeから無料でダウンロードでき、無料版であることを考えれば、その機能は素晴らしいです。

iMovieを使用すると、最大2つのビデオトラックを同時に編集でき、ソフトウェアにはさまざまな機能とエフェクトが含まれています。 自分の作業を把握できれば、洗練されていて、きれいで、プロ並みのシンプルなホームムービーを作ることができます。

iMovieでは、カラーのグレードや速度を調整したり、サウンドトラックやナレーションをビデオに挿入したりできます。 さらに、メディアを整理するための優れたツールや、編集中の混乱を避けるためのストーリーボード機能も備えています。

ただし、これは初心者またはエントリーレベルの編集者向けの動画編集ソフトであることを覚えておいてください。 マルチカム機能やモーショントラッキング機能を使用したり、ビデオのレイヤー数を増やしたりして、よりプロフェッショナルなレベルに引き上げたい場合は、Final Cut Proに移行する必要があります。iMovieはこの移行前で使うには素晴らしいスターターキットです。

iMovieのダウンロード

長所:

  • 初心者に最適

  • シンプルなインターフェース

  • 優れたテンプレートとテーマ

  • 大量のオーディオツール

短所:

  • 一度に2つのビデオトラックのみ編集可能

  • マルチカムやモーショントラッキングの機能はなし

Final Cut Proは、iMovieに搭載されている機能よりも多くの機能を必要としているユーザーや、テレビ番組、映画、コマーシャル、その他のデジタルビデオコンテンツに携わるプロの編集者のためのAppleの決定版です。

ソフトウェア自体はシームレスで、多数のトランジション、エフェクト、機能が搭載されているため、編集者はプログラムのすべてを理解しようと何年あっても時間が足りません。

ただし、Final Cut Proの最も注目すべき機能は、他の多くの動画編集ソフトにある従来型のタイムライン編集スタイルといかに違うかということです。

Final Cutでは、マグネティックでトラックのないタイムラインを使用します。 つまり、クリップをタイムラインに移動すると、干渉しているクリップが邪魔にならないように移動されます。 これにより、動画編集者は近くのクリップを上書きせず、接続されたクリップを同時に移動できるようになります。

このスタイルのタイムラインを嫌うプロもいれば、それをうまく利用しているプロもいます。 このスタイルの編集が自分に合うかどうかは、ユーザー次第です。

いずれにしても、Final Cut Proはレンダリング時間が非常に速く、マルチカム編集、360度ビデオコンテンツ、HDR、そしてもちろん4Kにも対応しています。 また、ファイルを評価してタグ付けし、顔やシーンごとに自動的に分析する機能を備えた、メディアライブラリ用の最高の整理ツールの1つを備えています。

Final Cut Proのダウンロード

長所:

  • マグネティックタイムライン編集

  • マルチカムおよび360度コンテンツ編集

  • 組織化された高性能のツール

短所:

  • 誰もがマグネティックタイムライン編集を好むわけではない

  • Macでのみ動作

多くの人にとって、Adobe® Premiere® Proは、市販されている歴史が古く従来のプロ仕様の動画編集ソフトウェアです。 このソフトは、ノンリニア編集タイムラインで強力な編集ツールを提供し、さまざまな形式の動画トラックを無制限に追加できます。 このようなことは、Adobe® Premiere®でもできるかもしれません。

Premiere® ProはMacとWindowsパソコンの両方で動作し、Adobeのサブスクリプションサービスの一部であり、プロのビデオ作成や制作に役立つさまざまなツールと組み合わせることができます。

Premiere® Proの優れた点は、Adobeが常に新しいツールや機能をソフトウェアに追加していることです。 最近では、新しいキャプションツール、オーディオエフェクトのコピーアンドペースト機能、フリー素材、クイックエクスポートボタンが追加された。 しかし、これはPremiere® Proで利用できる全機能のほんの一部にすぎません。

そうは言っても、このソフトウェアに含まれるすべてのツールや機能は、エントリーレベルや初級レベルの動画編集者にとっては手ごわいかもしれません。 このソフトウェアでできるすべてのことを習得し、慣れるまでには数か月かかることがあります。 しかし、一度慣れると、何でもできます。

Adobe® Premiere® Proのダウンロード

長所:

  • 優れたブレ補正

  • マルチカム機能により無制限のアングルが可能

  • 応答性が高く、すっきりしたインターフェース

短所:

  • 初級レベルやエントリーレベルの動画編集者向けではない

  • 機能を完成させるために他のバンドルプログラムが必要な場合がある

VEGAS Proは、非常にパワフルな動画編集ソフトで、プロによる制作のいくつかのテレビ番組や映画「パラノーマル・アクティビティ」で使用され、このソフトウェアにある特定の機能が使われています。

このソフトは、プロが使う動画編集ソフトウェアに期待される標準的なツールや機能の多くを備えていますが、異なるスタイルのインターフェイスにこれらの機能やツールが組み込まれています。 他の競合製品ほどボタンが多くなく、代わりにダッシュボードパネルからエフェクト、トランジション、オーディオオプションにアクセスできます。

プログラムの最新バージョンでは、より優れたカラーグレーディングとストーリーボード機能に加えて、レンズ補正、スローモーションエフェクト、スクリーンキャプチャの機能が追加されました。 グラフィックスプロセッサーのアクセラレーションも追加され、インターフェイスの使用とレンダリングが高速になりました。

全体として、VEGAS Proは間違いなく経験豊富な一般ユーザーやプロフェッショナル向けのソフトです。 初級レベルやエントリーレベルのユーザーは、学習曲線に従って慣れてきます。

VEGAS Proのダウンロード

長所:

  • インターフェイスをカスタマイズできる

  • 大量のエフェクトとプラグイン (ユーザーが作成したものを利用可能)

  • 信頼性の高いトランジション

短所:

  • レンダリングが遅い

  • インターフェイスはカスタマイズ可能ですが、競合他社に比べて直感的ではない

  • ルックアップテーブルはサポートしていない

一般ユーザーレベルの動画編集ソフトウェアとしては、Corel VideoStudio Ultimateは必要なすべての機能を備えています。 モーショントラッキング、マルチカム、ストップモーションなどのプロレベルの編集ツールを多数利用でき、オーディオダッキングやビデオマスキングなどの機能を用いて完璧な動画を作成することもできます。

ソフトのインターフェイスは使いやすく、見つけにくいサムネイルではなく、多くのアイコンボタンによって操作できます。 また、インターフェイスのモードを簡単に切り替えて、ワークフローをすっきり保つこともできます。

Corel VideoStudioは、Pinnacle Studio Ultimateというプロレベルの動画編集者向けのソフトも作っています。 簡単に言うと、これはPinnacleの多くの機能を備えた一般ユーザー向けのソフトですが、必ずしもすべての機能コントロールが含まれているわけではありません。

ボタンの多くはクイック編集ツールで、一般ユーザーレベルで使うには便利ですが、プロを目指す動画編集者には不向きかもしれません。

Corel VideoStudio Ultimateのダウンロード

長所:

  • 優れたストップモーションツール

  • 素晴らしいカラーグレーディングツール

  • 複数のポイントでモーショントラッキングを提供

短所:

  • 多数のクイック編集ツール

  • オーディオ編集オプションは標準より少なめ

Movavi Video Editor

素晴らしいビデオを簡単に作成

*無料版のMovavi Video Editorにはビルドによっては次の制限がある場合があります:エクスポートしたクリップに透かしが入ります。ビデオをエクスポートする際にはビデオは60秒またはオーディオは1/2の長さ制限があり、一部の高度な機能は使用できません。

よくある質問

無料の4K映像編集ソフトウェアはどれですか?

無料の4K動画編集ソフトは、MacではiMovieしかありませんが、他にも選択肢はあります。

DaVinci Resolveは、4Kで編集できるWindowsまたはMac用の無料4K動画編集ソフトウェアです。 より多くの機能が必要な場合は、このソフトウェアでは有料のアップグレードやアドオンが提供されますが、基本的なレベルを十分備えています。

他にも、無料の4K動画編集ソフトとしては、Lightworksが非常に優れていると言われています。 DaVinci Resolveと同じように、アップグレードの機能を使う時は有料ですが、無料版でも基本的な機能で4K動画を編集できます。

また、Movavi Video Editorなど、上記のオプションの多くは無料トライアルを提供しています。 無料で試せるものを確認してから決めてください。

4K動画はパソコンで編集できますか?

もちろんできます。 Movavi Video Editorを使用すると、次の段階的な手順に従って、パソコン上で4Kの動画編集が行えます。

  1. まず、Movavi Video EditorをPCにダウンロードしてインストールし、プログラムを開きます。 次に、ファイルを追加をクリックし、タイムラインに読み込む4Kビデオを選択します。
  2. 次に、ビデオの編集を開始します。 タイムラインでは、クリップをカットしたり、自由に並べ替えたりできます。 また、動画にトランジションやタイトルを追加したり、カラーを調整したり、映像の手振れが少し目立つ場合に、補正したりすることもできます。これは、このソフトウェアでできることのほんの一部にすぎません。
  3. 編集が終わったら、エクスポートをクリックして、ビデオファイルを保存タブを表示します。 詳細をクリックし、解像度ドロップダウンリストを開きます。 4Kで書き出すには、3840 × 2160または4096 × 2160を選択します。

Movavi Video Editorでは、TV 用に保存タブで特定の4Kテレビ用にムービーを書き出すこともできます。 タブを開いたら、リストからテレビを選択するだけです。

オープンソースの4K動画編集ソフトはありますか?

はい、Shotcut、OpenShot、Blenderなど、オープンソースの4K映像編集ソフトは多数存在します。

ご不明な点がありますか?

ご不明な点がありますか?

ご質問に対する回答が見つからない場合は、サポートチームにお気軽にお問い合わせください。

参加してハウツーガイド、特別オファー、アプリのヒントを入手しましょう!