動画に字幕を入れる方法を知りたいですか?

Movavi Video Editor をお試しください!
  • 動画を簡単に編集および改善
  • スタイリッシュなトランジション、タイトル、フィルタを追加
  • 動画の手ぶれ補正と逆転、サウンドの均一化など

プログラムをダウンロードし、以下の指示に従います

動画に字幕をつける方法

スライドショーや挨拶動画を作成する場合、画像、動画、音楽を含めるだけでなく、オーディエンスに内容を説明することができるキャプションや字幕も挿入したいと思うでしょう。 これには、動画に字幕を埋め込んだり、時間、使用するフォントや色、テキストのサイズを調整したりすることができる、効率的な動画編集ソフトが必要です。 Movavi Video Editor にはこうした機能がすべて装備されています! 20 を超えるシンプルな動画キャプションスタイルのライブラリを使って、映画またはスライドショーの最も重要な詳細に注意を引くことによって、動画に新たな特性を追加することができます。

動画に字幕を入れるのは非常に簡単です。 Movavi Video Editor (Windows / Mac OS 版) をダウンロード し、以下の段階的な指示に従い、字幕付きの動画を作成しましょう。

パソコンに Movavi Video Editor をインストール

インストールファイルをダウンロードしたら、それを開き、ポップアップウィンドウの指示に従い、インストールを完了します。

動画をソフトに追加

プログラムを開き、[フル機能モードでプロジェクトを作成] を選びます。その後、メインパネルの [メディアファイルの追加] をクリックし、編集するファイルを見つけます。これらのファイルはタイムラインに自動的に追加されます。

字幕と図形の追加

左側の [タイトル] タブをクリックし、動画字幕として利用可能な「シンプル (ベーシック)」または「動画 (アーティスティック)」キャプションスタイルの一覧にアクセスします。 アイコンをクリックすると、メディアプレーヤー ウィンドウでプレビューすることができます。 希望のスタイルを選んだら、それをタイムラインにドラッグします。 タイムラインで字幕を移動させて、希望の位置に字幕を配置することができます。 テキストを入力するには、タイムライン上で追加したタイトルをダブルクリックしてから、プレビューウィンドウ内のサンプルテキストをダブルクリックし、テキストを入力または貼り付けます。 動画フレームに沿ってキャプションを自由に移動させ、できる限り読みやすく適切な形にします。

図形を動画に追加することもできます。[コールアウト] タブに進み、様々な動画の記号から選びます: 矢印、吹き出し、幾何学形状など。教育関連の動画を作成している場合、コールアウトは特に役立ちます。コールアウトをタイムラインに追加してから、タイトルの編集とまったく同じ方法でコールアウトを編集できます。

動画に入れた字幕と図形の設定

編集モードに入るには、タイムライン上でタイトルまたはコールアウトをダブルクリックします。これで、キャプションまたはコールアウトをプレビューウィンドウで調節することができます。

  • [クリップのプロパティ] ボタンをクリックして、タイトル動画の時間と速度を調節します。
  • [フォントのプロパティ] ボタンをクリックして、希望のフォントファミリーを選び、テキストサイズ、外観と配置を指定します。
  • [色のプロパティ] ボタンを使って、テキストと輪郭を希望の色で設定できます。 プレビューウィンドウでテキストボックスをクリックし、希望の色を選びます。 プレビューウィンドウの上にあるフィールド内で輪郭の幅を調節することもできます。 アーティスティック タイトルのいずれかを選んだ場合、装飾の色を変更したい場合、 テキストボックスの外の装飾をクリックし、希望の色を選びます。

変更を適用するには、プログラムインターフェイス右上隅の [適用] をクリックします。

字幕をある動画の保存

あとは、180 種類を超える対応マルチメディア形式の 1 つを選んでクリップを保存するだけです: AVI、MP4、MKV 動画などの字幕を作成できます。 [エクスポート] をクリックし、ポップアップウィンドウ上部の [ビデオとして保存] タブを選択します。 携帯デバイスで動画を鑑賞する場合、適切なタブを選択し、iPhone、Sony PSP、Xbox、およびその他のデバイス用の 200 種類を超える既成のプリセットから 1 つ選択します。

 

Movavi Video Editor

動画の作成がこれまでにないほど簡単になりました!

  • タイムライン上でビデオクリップ、画像、オーディオを編集
  • トランジション、フィルタ、タイトル、コールアウトを追加
  • クロマキーやスローモーションなどの特殊効果の使用
  • ビデオを一般的な形式でエクスポート