WEBM を圧縮しましょう

Movavi Video Converter を入手しましょう!
  • 電光石火の速さで動画を変換
  • ファイルのバッチ処理で、まとめて変換
  • 4K 動画も無劣化に変換
  • 動画の編集機能と圧縮機能

プログラムをダウンロードし、ガイドに従って変換を開始。

WEBM ファイルを圧縮する方法

Google によって開発された WebM コンテナは、動画とオーディオの特性に関して言えば優れています。2010 年に開発されたこのツールは、世界中のインターネットユーザーのために設計されました。質の高いインターネット接続があるすべてのユーザーにとって、WebM は最高の選択の 1 つです: 高品質を維持しながらファイルを縮小します。

それでもやはり、ファイルサイズをさらに縮小する必要がある時もあります。例えば、ストリーミング用に準備した動画があまりに大き過ぎる場合などです。この場合、ファイルをさらに小さくするために、Mac または Windows コンピュータ用のプログラムのダウンロードを検討してください。Movavi ソフトウェアを使って WebM ファイルを圧縮する方法を見てみましょう。以下のガイドに従います。

Movavi の WebM 圧縮ツールのインストール

Movavi Video Converter をダウンロードし、インストールファイルをダブルクリックします。インストールは数分で完了します。

ファイルのアップロード

WebM 圧縮を行うには、動画ファイルをプログラムにアップロードします。変換ツールを起動し、[メディアの追加] ボタンをクリックします。[ビデオの追加] 項目を選択し、開いたウィンドウで、圧縮するファイルを選びます。[開く] をクリックします。

圧縮オプションの選択

WebM ファイルは既に最小形式の 1 つなので、形式を変更する必要はありません。[動画] タブに進み、WebM グループのプリセットを見つけます。それをクリックすると、オプションのリストが表示されます。まず、WebM ファイルを圧縮するには、解像度を下げることができます。例えば、480p または 720p のオプションを選んだ場合、圧縮後のファイルに必要な容量が少なくなります。

ファイルサイズを手動で変更して WebM を圧縮することもできます。ファイルサイズと品質を表すボタン (出力ファイル名の下) をクリックします。[ファイルサイズ] スライダーを動かして、新しいファイルサイズを決定します。ビットレートも変わります。

テストを実行して、圧縮後の品質が適切かどうか確認できます: これを行うには、[サンプルの変換] ボタンを押します。サンプルのオーディオと画像が適切な場合、同じビットレートを、アップロードしたすべてのファイルに適用できます。これを行うには、[すべてのファイルにビットレートを適用] ボックスにチェックを付けます。サンプルに満足できなかった場合、[リセット] をクリックし、オプションを変更してより適切なソリューションを探します。完了したら、設定ウィンドウの外側をクリックしてウィンドウを閉じます。

圧縮の終了

もうすぐ終了です。[フォルダ] ボタンをクリックして、出力ファイルの保存場所を指定します。最後のステップ: [変換] をクリックします。ファイルはすぐに準備ができ、その後お好きな場所にファイルをアップロードできます。インターネット接続が遅いオーディエンスでも動画鑑賞を楽しめるでしょう!

 

Movavi Video Converter

メディアを必要な形式に変換するための理想的なソフトです。

  • ビデオ、オーディオ、DVD、および画像ファイルの変換
  • 高品質・高速変換をお楽しみください。
  • 変換前に品質の改善、サウンドの調整、ファイルのトリミングや結合
  • ビデオやオーディオクリップをモバイルアクセス用に保存