【2024】おすすめのベスト12無料MKV編集 フリーソフト

Movavi Video Editorをご利用ください

  1. Movavi Video Editorをダウンロードしてインストールします。
  2. ファイルをプログラムにアップロードします。
  3. ビデオを編集して補正します。
  4. 結果をエクスポートします。

ダウンロードボタンをクリックすると、このプログラムの無料版がダウンロードされます。*

編集者: Satoko Smith
17 159

MKV(Matroska)はムービー、テレビ番組などのマルチメディアコンテンツを保存するために使用されるフォーマットで、字幕とオーディオトラックをHDビデオを組み合わせることが可能です。MKVファイルの編集が必要な場合、流通しているMKVエディタでも最高のものがいくつか存在します。それぞれの機能、長所、短所を説明します。

簡単なまとめ: 最高のMKV編集ツール

オペレーティングシステム Windows

オペレーティングシステム Windows、macOS、Linux

ソフトウェア

長所

短所

ダウンロード

クロマキーやスローモーションのような特殊効果。直感的なインターフェース。豊富なフィルター、タイル、ステッカーを選択可能、使いやすい

完全版には支払いが必要

1年間のライセンスまたは永続ライセンスを選択可能。1,000点以上のテーマと効果

無料版なし。Windows限定

幅広いフォーマットをサポート。テーマ付きのインターフェース。ビデオテンプレートを選択可能。無料で使用可能

ユーザーインターフェースに慣れるのが困難な可能性あり。問題発生時のサポート不足

Movaviでは確かな情報のみを提供するように努めており、その目的で以下の対策を行っています。

  • レビューに含める製品を選定する際には、需要と人気度の両方を調査しています。

  • この記事に掲載されているすべての製品は、Movaviコンテンツチームによってテストされています。

  • テストの際は、製品の最も優れた機能とその最適な用途に焦点を当てることを目標としています。

  • 自社製品のレビューを書く際には一般的なレビュープラットフォームのユーザーレビューを調査し、その情報を利用しています。

  • ユーザーからのフィードバックを収集し、Movavi製ソフトウェアだけでなく他社製品に関する意見も分析しています。

MKVビデオエディタ(MKV 編集 フリーソフト)のトップ12

非常に多くのMKVビデオエディタが流通しているため、自分に最適なMKV 編集ソフトウェアを選ぶ前には自分のニーズを考慮することが重要です。たとえば、タイトルやフィルターをビデオに追加したい場合は高度なプログラムが必要になるかもしれませんが、ビデオをクロップしたいだけの場合は無料のオープンソースソフトウェアで十分かもしれません。以下のトップ7リストには当社が最も役に立つと判断したプログラムが含まれていますが、その順序は好みによるものではありません。

1. Movavi Video Editor

対応プラットフォーム:WindowsとMac

最適:7日間の無料体験が可能な手頃で機能満載のビデオエディタを探している初心者または上級ユーザー。

Movavi Video Editorは未経験の方でも魅力的なムービーを作成するのに役立つWindowsおよびMac対応の本格的なツールです。直感的なインターフェースを備えているため、基本的な機能をすぐに使い始められますが、タイトルとトランジションの追加、独自ナレーションの追加、フィルターの適用、音楽のアップロード、不要部分の削除、ビデオフラグメントの分割と結合などを含む高度な機能も豊富に提供しています!編集が完了したら、YouTubeに成果物を共有したり、モバイルデバイス、PC、4K TVで視聴するためのムービーを簡単に保存したりできます。

長所:

  • ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えているため、すぐに使い始められます。

  • このソフトウェアはWindowsおよびMac向けにダウンロード提供されています。

  • 高度な機能を豊富に提供しています。

  • 豊富なフィルター、トランジション、効果を選択できるほか、組み込みのサウンドトラック、ステッカー、背景、ビデオが用意されています。

  • ライセンス料金が手頃です。

短所:

  • 無料版がなく、7日間の無料体験のみを提供しています。

  • Linuxには対応していません。

2. Nero Video

対応プラットフォーム:Windows限定

最適:4Kをサポートし、大規模な効果とテンプレートのライブラリを提供する安価なWindowsビデオエディタを探しているホームユーザー。

Nero Videoはスポーツや旅行から祝日や家族に至るさまざまなトピックをカバーする1,000点以上のテンプレートを含む大規模なライブラリを備えているため、初心者に適したMKVビデオエディタソフトウェアです。音楽を追加できるだけでなく、スローモーション、フィルター、トランジションを含む幅広い効果を選択できます。また、Nero Videoは4Kビデオをサポートしています。このプログラムはDVDビデオを含む各種フォーマットのビデオプレーヤーとしても使用できます。1年間のライセンスか永続 (ライフタイム) ライセンスを選択することもできます。

長所:

  • Nero Videはさまざまなビデオフォーマットと4Kビデオをサポートしています。

  • 1,000点以上のビデオテンプレートを選択して作業を開始できます。

  • フィルターとトランジションを含む大量の効果が用意されています。

  • このソフトウェアはビデオプレーヤーとして使用できます。

  • 1年間のライセンスか永続ライセンスを選択できます。

短所:

  • このソフトウェアはWindowsのみに対応しています。

  • 無料版の提供はありません。

3. Kdenlive

対応プラットフォーム:Windows、Mac、Linux

最適:インターフェースをカスタマイズできる優れたMKV 編集 フリーソフトを探している方。

Kdenlive(KDE Non-Linear Video Editor)は2002年頃から提供されている無料のオープンソースMKV動画編集ツールです。当初はLinuxのみの対応でWindowsとMacには対応していませんでしたが、初心者にもプロにも適しています。ニーズと作業方法に合わせてインターフェースのレイアウトをカスタマイズ可能で、豊富なビデオ効果、トランジション、およびビデオとオーディオの切り取りオプションを選択できます。Kdenliveはほとんどのビデオフォーマットもサポートしていますので、ファイルを編集する前に変換する必要はありません。

長所:

  • このソフトウェアは無料でダウンロード可能かつオープンソースです。

  • テーマ付きのインターフェースをニーズに合わせてカスタマイズできます。

  • マルチトラックビデオの編集をサポートしています。

  • 豊富な効果とトランジションを選択できます。

短所:

  • 非常に直感的なアプリとは言い難いため、使い方を習得するのに時間がかかる可能性があります。

  • 問題発生時に直接的なサポートをあまり受けられません。

4. OpenShot

対応プラットフォーム:Windows、Mac、Linux

最適:直感的で使いやすい優れた無料MKVエディタを探している方。

OpenShotは驚くほどの高度な機能を誇る100%無料のオープンソースMKVビデオエディタです。直感的なインターフェースを備えているため、未経験の初心者でも簡単に編集を始めることができます。また、トラック数に制限がないため、必要な数のレイヤーを追加できます。ビデオ効果、3Dアニメーション、スローモーション、時間効果を使用すれば、数分でプロ風のビデオを簡単に作成できます。

長所:

  • このソフトウェアはWindows、Mac、Linuxに対応しています。

  • 優れた無料MKVビデオエディタの1つで、無料でダウンロード可能かつオープンソースです。

  • ユーザーインターフェースが直感的なため、すぐに使い始められます。

  • トラック数の制限がありません。

  • 豊富な効果と3Dアニメーションを選択できます。

短所:

  • バグが発生する場合があります。

5. Avidemux

対応プラットフォーム:Windows、Mac、Linux

最適:単純な切り取りを行える無料ビデオエディタを探しているユーザー。

Avidemuxは初心者やMKVビデオの編集が初めての方に適した無料にオープンソースソフトウェアです。簡単に使い始められるシンプルなツールで、幅広いファイルタイプをサポートしていますので、ソフトウェアを使用する前にビデオを変換する必要はありません。スクリプト作成機能、ジョブのキュー、プロジェクトオプションが提供されているため、上級ユーザーは簡単にタスクを自動化できます。

長所:

  • このソフトウェアは無料でダウンロード可能かつオープンソースです。

  • シンプルで使いやすく、Windows、Mac、Linuxに対応しています。

  • 初心者向けのため、MKVビデオの編集方法を知らず、経験がない、または少ない方も使用できます。

  • このソフトウェアはほとんどのファイルタイプをサポートしています。

  • 上級ユーザー向けの自動化オプションがあります。

短所:

  • 問題発生時に公式のサポートを受けられません。

  • カスタマイズオプションまたは一部ユーザー向けの高度な機能が不足している可能性があります。

6. Video Cutter

対応プラットフォーム:Windows限定

最適:余計なものがなく、ほとんどのファイルフォーマットとロスレス圧縮をサポートする無料のエディタを探しているWindowsユーザー。

Video Cutterは、余計なものがないシンプルな無料MKVビデオエディタを探している方のニーズをすべて満たします。無料でダウンロードして使用できる上にほとんどのファイルフォーマットをサポートしているため、ビデオを編集する前に変換する必要はありません。また、直感的なので未経験の方でもMKV カット・分割に着手できます。無劣化圧縮もサポートしていますので、最高のビデオ品質を維持できます。

長所:

  • このソフトウェアは無料でダウンロードして使用できます。

  • ロスレス圧縮をサポートしており、最高のビデオ品質を維持します。

  • ほとんどのファイルフォーマットをサポートしているため、ビデオを編集する前に変換する必要はありません。

  • サポートはメールで提供されます。

短所:

  • Windows限定です(Mac版とLinux版はありません)。

  • フィルター、既製のイントロ、アニメーション、その他の高度なツールはありません。

7. Bandicut

対応プラットフォーム:Windows限定

最適:無料版と有料版を選択可能で、高速かつシンプルで使いやすいビデオエディタを探している方。

BandicutはMKVビデオエディタソフトウェアであり、たった数回のクリックでビデオをトリミング、分割、切り取り、完成したビデオをYouTubeに直接アップロードしたり、PCに保存して後から共有したりできます。このソフトウェアは元のビデオとオーディオの品質を維持したままビデオを切り取ることが可能で、シンプルで使いやすいです。無料版のほか、1回限りのライセンス料金で永続保証が付く有料版があります。

長所:

  • シンプルで使いやすいソフトウェアです。

  • 品質を損なうことなくビデオをカットできます。

  • 完成したビデオをYouTubeに直接共有できます。

  • 無料版または有料版があります。

  • 1回限りの手頃なライセンス料金で永続保証が付きます。

短所:

  • このソフトウェアはWindowsのみに対応しています。

  • 無料版ではビデオに透かしが入ります。

  • 無料版では速度が遅い場合があります。

8. Gilisoft Video Editor

対応プラットフォーム:Windows、Mac、Android

最適:手短な編集を求めている制作者。

Gilisoft Video EditorはMac、Windows、Android対応のMKVビデオエディタです。ビデオの分割、結合、切り取り、回転、速度調整を可能にする編集機能が満載です。効果、テキスト、音楽を追加したり、ビデオと写真からGIFを作成したりすることもできます。Gilisoft Video Editorには、圧縮ツールと分割ビデオ画面編集の機能も搭載されています。

長所:

  • クロスプラットフォームです。

  • 直感的なインターフェースで簡単に使えます。

短所:

  • 編集ツールには若干の制限があります。

  • より複雑な編集は想定されていません。

  • プレビュー機能はありません。

9. SolveigMM Video Splitter

対応プラットフォーム:Windows、Mac

最適:余計な編集機能を必要とせず、単純な切り取りとビデオの結合を求めている制作者または個人。

SolveigMM Video SplitterはWindowsおよびMac対応のMKVビデオエディタです。すべての一般的なオーディオおよびビデオフォーマットをサポートしており、HomeまたはBusinessの2つのバージョンがあります。HomeバージョンはHDビデオをサポートしていますが、Businessバージョンは最大4Kまでの解像度をサポートしており、一括編集に対応しています。このエディタの主な機能はビデオの切り取りと結合であり、テキストや効果の追加などのオプションはありません。

長所:

  • 直感的なインターフェースを備えています。

  • 2つのバージョンを選択できます。

  • 無料体験があります。

短所:

  • 使いにくい可能性があります。

  • 編集したビデオを元のフォーマットでしか保存できません。

  • テキスト、アニメーション、音楽の追加といった高度な編集オプションはありません。

10. VSDC Free Video Editor

対応プラットフォーム:Windows限定

最適:機能に不足のない優れた無料MKVエディタを探している方。

VSDCは便利なツールが満載のビデオ編集用のフリーウェアです。このWindows限定のMKVビデオエディタは一般的なビデオフォーマットとコーデックをすべてサポートしており、4KおよびHDのエクスポートが可能です。DVDの作成と書き込み、ビデオおよびオーディオ効果の追加、色のブレンド、フィルターの追加、モーショントラッキングなどの機能を無料で提供しています。このノンリニアエディタでは、ビデオをソーシャルメディアにエクスポートするのも簡単です。

長所:

  • 編集ツールが満載です。

  • 無料でダウンロードできます。

  • ほぼすべてのビデオフォーマットとコーデックをサポートしています。

  • DVDの作成と書き込みが可能です。

短所:

  • Mac版がありません。

  • このフリーウェアのサポートを受けるには時間を要する場合があります。

11. Vidiot

対応プラットフォーム:LinuxとWindows

最適:個人的な用途で簡単な編集をするために無料エディタを探している人。

Vidiotは個人的な用途を想定したLinuxおよびWindows対応の無料ビデオエディタです。Vidiotではビデオのトリミング、クロップ、倍率変更、切り取り、移動のほか、トランジション、キーフレーム、タイトルの追加が可能です。ビデオの速度変更やビデオの変換も可能です。Vidiotのインターフェースはデザイン性に優れており、ユーザーがソフトウェアを使い始めるためのヘルプファイルが組み込まれています。

長所:

  • オープンソースかつ無料です。

  • 組み込みのヘルプファイルがあります。

  • WindowsとLinuxで動作します。

  • インターフェースのデザインが優れています。

  • 複数トラックをサポートしています。

短所:

  • インストールが失敗する、頻繁にクラッシュするとの報告があります。

  • 使い始めるのに苦労する可能性があります。

  • Mac版がありません。

12. VideoProc

対応プラットフォーム:WindowsとMac

最適:オールインワン型のビデオエディタ、コンバーター、ダウンローダー、スクリーンレコーダーを探している方。

Video ProcはWindowsおよびMac対応のオールインワン型ビデオ処理プログラムです。無料版と完全版を選択できます。VideoProcはMKVビデオ用のビデオエディタとして機能するだけでなく、メディアファイルの変換が可能で、ビデオダウンローダーとスクリーンおよびウェブカメラレコーダーとしても機能します。ビデオの切り取り・クロップ・結合・回転、MakeMKV機能の使用、字幕や効果の追加が可能です。VideoProcは簡単に使えます。

長所:

  • 簡単に使えます。

  • 直感的なインターフェースを備えています。

  • 無料版とPro版があります。

  • 1年間のサブスクリプションと永続サブスクリプションを選択できます。

短所:

  • あまり安価なソフトウェアではありません。

  • サポートはメールでのみ提供されます。

  • 無料版ではビデオの長さが最大で5分に制限されます。

  • 無料版の画面/ウェブカメラの録画機能では透かしが追加されます。

MKVビデオの編集方法

MKVビデオの編集方法が分からない方のために説明します。以下の簡単なステップバイステップガイドに従うだけで、Movavi Video Editorを使ってMKVビデオを編集できます。

  1. Movavi Video Editorをコンピューターにダウンロードしてインストールします。
    Movavi Video Editor Windowsのバージョン

    Movavi Video Editor Macのバージョン

  2. ソフトウェアを起動します。

  3. [ファイルを追加] をクリックして編集したいMKVビデオを選択します。

  4. プログラムウィンドウの下にあるタイムラインにビデオが追加されたのを確認します。

  5. 編集ツールを使ってフィルターの適用、色の調整、映像の切り取り、タイトルまたはトランジションの追加、ビデオの加速/減速、映像の手ブレ補正を行うことができるようになりました。

  6. 編集を完了したら、[エクスポート] をクリックします。

  7. 希望する出力フォーマットを選択します。

  8. [詳細] > [解像度] をクリックし、希望する解像度を選択します。

  9. [開始] をクリックしてビデオを保存します。

MKVエディタに求めるもの

この記事がベスト12MKVエディタを知るきっかけになり、どのプログラムが自分のニーズに最適なのかを考えるのに役立っていることを願っています。ユーザーのニーズはそれぞれ異なるため、ベストなMKVエディタというものは実際には存在しません。しかし、MKVエディタを選ぶ際に検討し、求めるべき重要な要素は次のようにいくつか存在します。

  • OSの互換性:選択するMKVビデオエディタがWindows、Mac、Linuxのどのオペレーティングシステムと互換性があるかどうかは非常に重要です。

  • 機能:購入を検討しているビデオエディタに必要なすべての機能があることを必ずチェックすべきだということは言うまでもありません。無料版と有料版がある場合は、必要な機能が有料バージョンのみで提供されていないことをチェックしてください。

  • フォーマットと解像度:サポートされているビデオフォーマットだけでなく、エクスポートできる解像度も必ずチェックしてください。特定のフォーマットか解像度のビデオを作成したい場合、これを事前にチェックしていなければ落胆する可能性があります。

  • 透かし:MKVエディタで編集するビデオに透かしが入らないことをチェックするのも良いでしょう。一部の無料ソフトウェアはアップグレードした場合だけ削除できる透かしを適用します。

  • サポート:MKVビデオ用のビデオエディタを選択する前に利用できるサポートをチェックしてください。ライブチャットサポートを提供するソフトウェアもあれば、メールでのみサポートを提供するプログラムもあります。一部の無料オープンソースソフトウェアはサポートをまったく提供していません。

  • 価格設定:費用がかかりそうなソフトウェアを認識してください。そのソフトウェアが無料の場合、一部の機能にアクセスするのに有料版へのアップグレードが必要ではありませんか?有料ソフトウェアの場合は、年間費用が発生するのか、1回限りのライセンス料金を支払うだけなのかを確認してください。

  • ライセンス数:価格設定の話をする際にはソフトウェアを使用できるPCの台数を常に把握するようにしてください。ライセンスによっては1台に制限されている場合があります。

  • レビュー:購入を検討しているソフトウェアのレビューを時間をかけてチェックし、そのサイトのレビューだけでなく、独立系のサイトも参考にするようにしてください。

Movavi Video Editor

素晴らしいビデオを簡単に作成

*無料版のMovavi Video Editorにはビルドによっては次の制限がある場合があります:エクスポートしたクリップに透かしが入ります。ビデオをエクスポートする際にはビデオは60秒またはオーディオは1/2の長さ制限があり、一部の高度な機能は使用できません。

よくある質問

MKVファイル拡張子とは?

MKV(Matroska)はビデオ、オーディオ、テキストを1つのファイルに組み込めるマルチメディアコンテナフォーマットです。

MKVファイルは編集できますか?

MKVファイルは編集できますが、一部のデスクトップビデオエディタはこのフォーマットをサポートしていないことを覚えておいてください。ビデオエディタを購入してインストールする前にはサポートされているビデオフォーマットのリストをチェックすることをお勧めします。インストールしたアプリはMKVをサポートしていない場合は、MP4のような一般的なフォーマットにファイルを変換してから編集してみてください。

どのプログラムがMKVファイルを編集できますか?

MKVファイルの編集には、以下を含むベストMKVエディタのいずれかを使用することをお勧めします。

  • Movavi Video Editor

  • VideoProc

  • OpenShot

  • Bandicut

  • VSDC Free Video Editor

Movavi Video Editor

素晴らしいビデオを簡単に作成

カスタムサウンドトラック、特殊効果、おしゃれなタイトル、およびトランジションを使って素晴らしいホームムービーを作成するのに必要な全ての機能が含まれる包括的で簡素化された編集プログラム。

4.620,504 件のレビュー
ご不明な点がありますか?

ご不明な点がありますか?

ご質問に対する回答が見つからない場合は、サポートチームにお気軽にお問い合わせください。

参加してハウツーガイド、特別オファー、アプリのヒントを入手しましょう!