画像に文字を入れましょう

Movavi Photo Editorをご利用ください
  • 瞬時のレタッチ
  • フィルタとキャプション
  • オブジェクトと背景の削除

プログラムをダウンロードし、ガイドに従って変換を開始。

画像に文字を入れるソフト

画像の文字入れは、簡単なようで難しい。ただ文字を入れるだけだと、色合いやレイアウトがくずれて、見た目がぶっかこうになります。Movavi Photo Editorは、デザインを勉強したことがなくても、簡単に、瞬時に画像にテキストを追加できる、便利なソフトウェアです。

Mac または Windows でテキストを画像に追加するには、下のリンクをクリックして、Photo Editor をダウンロードし、次に手順を読みながらソフトウェアを操作してください。

ソフトウェアを起動し写真を追加

ソフトウェアを起動し、[画像を参照] をクリックして、テキストを追加したい写真を開きます。 ソフトウェアの編集エリアに写真をドラッグ&ドロップすることもできます。

画像に文字を入れる

テキストを写真に追加するには、[テキスト] パネルを開き、[テキストの追加] ボタンをクリックします。 次に、写真の上に表示されるテキストボックス内に文字を入力します。

画像に入れた文字を編集

ツールバーにある、様々な機能でテキストを自由に編集できます。 [テキスト] サブタブで、満足のいく結果が得られるまで、テキストの色、テキストサイズ、テキストスタイルなどを調整します。 文字の輪郭の色と幅を変更もできます。 テキスト背景パラメータを変更します。

[装飾] サブタブで、[装飾を追加] ボタンをクリックし、テキストにさまざまなステッカーを追加します。

結果に満足できない場合、[全て削除] をクリックして追加したテキストブロックを削除し、もう一度やり直します。

加工した画像ファイルを保存.

終了した写真を保存するには、右下隅にある [保存] ボタンをクリックして、出力フォルダ、ファイル名および形式を選択します。 写真は、JPG、PNG、TIFF、BMP、またはその他の一般的な画像形式で保存できることに留意してください。

Movavi Photo Editor は、WindowsやMacで、デザインの知識がなくても、簡単に、画像にかっこよく文字入れできるソフトウェアです。名言や格言、誌、画像の説明、Instagramストーリーのタイトル、ブログのアイキャッチ画像、Youtubeのサムネイルなど、プロから趣味まで、画像にテキストを挿入するなら、ぜひMovavi Photo Editorをお試しください。

 

Movavi Photo Editor

スナップショットを魅力的な写真にアップグレード

  • 画質を高め、欠点を修正
  • エフェクトやフィルタの追加
  • 写真のクロップ、歪み修正、反転
  • 画像背景の変更、オブジェクトの削除