動画を高速化したいですか?

Movavi Video Editor をお使い
  • 動画を簡単に編集および改善
  • スタイリッシュなトランジション、タイトル、フィルタを追加
  • 動画の手ぶれ補正と逆転、サウンドの均一化など

プログラムをダウンロードし、以下の指示に従います

ビデオを高速化する方法

動画の高速化は映画や TV ショーでよく使用され、コミカルな効果を生み出します。 映画の長いシーンにビデオの早送り効果を適用して、時間を短くすることもできます。 シーン全体を見せたいが、映画を過度に長くしたくない場合に、これは特に役立ちます。

Movavi ソフトウェアを使って、数回のクリックだけでビデオをスピードアップさせることができます。 Movavi Video Editor は一体型のビデオ編集プログラムで、これを使って独自の映画を作成し、特殊効果、音楽およびタイトルテキストを適用して完成させることができます。

こま落とし効果を使った動画の作成はとても簡単です。 以下の 5 つの手順に従い、結果を確認してください!

Movavi Video Editor のインストール

ソフトウェアのインストールファイルをコンピュータにダウンロードし、セットアップを起動し、インストールの指示に従います。

ビデオをプログラムに追加する

プログラムを起動し、[フル機能モードでプロジェクトを作成] を選択します。それから [メディアの追加] ボタンをクリックし、高速化したいビデオファイルを見つけます。選択したビデオは、プログラムウィンドウ下部にあるタイムラインに自動的に追加されます。

ビデオの再生を高速化する

ビデオの速度を変更するには、[クリップのプロパティ] ボタンをクリックし、[速度] スライダーを右側に移動させてクリップの速度を上げます。

サウンドトラックの調整 (オプション)

ビデオの再生速度を変更すると、オーディオの速度も変更されます。 ビデオシーケンスのみを高速化したい場合、元のサウンドトラックの速度を維持します。これは以下のように行います。

まず、元のオーディオをミュートにします。これを行うには、画面イメージに示されている [トラックをミュート] アイコンをクリックします。

元のビデオをプログラムにもう一度アップロードします。 ビデオクリップの下のオーディオをクリックし、それを [オーディオトラック] にドラッグして元のビデオクリップの下に配置します。 その後、追加したばかりのビデオを削除します。

これで、サウンドトラックは元のままで、動画を高速化できました。 完全に新しいオーディオトラックを、高速化したシーンに追加することもできます – 詳細については、ビデオへのオーディオの追加に関するガイドを参照してください。

完成したビデオのエクスポート

[エクスポート] ボタンをクリックし、希望のオプションを選びます。 それから、希望のビデオ形式またはデバイスモデルを選び、[開始] をクリックします。 映画は、お使いのコンピュータのハードドライブの、ユーザーが指定したフォルダに保存されます。

 

Movavi Video Editor

動画の作成がこれまでにないほど簡単になりました!

  • タイムライン上でビデオクリップ、画像、オーディオを編集
  • トランジション、フィルタ、タイトル、コールアウトを追加
  • クロマキーやスローモーションなどの特殊効果の使用
  • ビデオを一般的な形式でエクスポート