Web カメラで録画しましょう!

Movavi Video Editor をお試しください!
  • 動画を簡単に編集および改善
  • スタイリッシュなトランジション、タイトル、フィルタを追加
  • 動画の手ぶれ補正と逆転、サウンドの均一化など

プログラムをダウンロードし、以下の指示に従ってください

Web カメラで録画する方法

今日、接続されたユーザーの多くはウェブカメラを使っています。私たちはこのデジタルデバイスを使って、HD 動画をストリームして、たとえば指導、学習などの体験を共有したり、どこにいても親戚や友人とつながることができます。ウェブカメラを使って創造性を探求している人々もいます: ホームコンサートや、アートプロジェクトの開発をオンラインで表示することができます。

最高の瞬間を逃さずに、記憶の中だけでなくハードドライブにも保存するにはどうすれば良いでしょうか? 答えは、ウェブカメラ動画の録画です。Movavi Video Editor は、簡単なウェブカメラのキャプチャに最適な、PC と Mac 用の録画ソフトウェアです。ステップバイステップのチュートリアルを使えば、ウェブカメラを使って動画を素早く撮影し、結果を保存する方法を、わずか 4 つのステップで習得できます。

ウェブカメラ録画ソフトウェアのインストール

ダウンロード後、画面上の指示に従って動画作成ツールをインストールします。セットアッププロセスには数分しかかかりません。

ウェブカメラ録画の開始

エディタウィンドウで、[ビデオの録画] ボタンを見つけてクリックします。専用のキャプチャアプリが表示されます。

出力フォルダの確認から始めましょう。デフォルトで、ファイルは「Movavi Library」に保存されます。ファイルを別の場所に保存するには、[ファイルの保存先] フィールドで出力先を指定します。[キャプチャを開始] ボタンをクリックしてウェブカメラ動画の録画を開始します。録画を停止するには、[キャプチャを停止] ボタンをクリックします。録画した動画は指定したディレクトリに保存され、[保存したファイルを表示] をクリックして開くことができます。録画を編集したい場合、[編集に戻る] をクリックします。これによって Video Editor のメインウィンドウが開き、録画した動画が自動的にタイムラインに転送されます。

キャプチャした動画の編集

編集ツールを使って実験をお楽しみください – 動画を編集するのに特別なスキルは必要ありません。以下は、Video Editor で実行可能な作業の一部です。

結果を保存

動画を保存するには、[エクスポート] ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウ上部の適切なタブを選択します。動画を携帯画面で鑑賞、インターネットへのアップロード用に準備、デスクトップまたはラップトップコンピュータでの鑑賞用に保存 – Movavi Video Editor はこれらすべてに対応しています。保存用のパラメータを指定したら、[開始] をクリックします。

これで、ウェブカメラ録画ツールを使用して動画を作成する方法を習得できました!でも、Movavi Video Editor は単なるウェブカメラキャプチャソフトウェアにとどまりません。これは、最高の動画作成に役立つ機能を提供する、使いやすい多機能ツールです!

 

Movavi Video Editor

動画の作成がこれまでにないほど簡単になりました!

  • タイムライン上でビデオクリップ、画像、オーディオを編集
  • トランジション、フィルタ、タイトル、コールアウトを追加
  • クロマキーやスローモーションなどの特殊効果の使用
  • ビデオを一般的な形式でエクスポート