Movavi ソフトウェア使用許諾契約

重要:本ソフトウェア使用許諾契約(以下「EULA」)は、お客様とライセンサー(以下「MOVAVI.COM」)の間で締結される法的合意です。 本EULAで提供されるソフトウェア(以下「ソフトウェア」)を使用することで、お客様はこれらの条項に同意したことになります。 インストール手順を完了し、本ソフトウェアをご使用いただく前に本使用許諾契約をよくお読みください。 本EULAの条項にご同意いただけない場合は、本ソフトウェアをインストールしたり使用したりしないでください。 本ソフトウェア製品をインストール、コピー、または使用することで、本EULAの条項にご同意いただいたものとします。

本ソフトウェアと共に提供されるライセンスのタイプを以下に示します。 ユーザーに適用できるライセンスのタイプは1つだけです。 ライセンスタイプの確認をご希望の場合は、support@movavi.com のサポートチームまでご連絡ください。

1. ライセンスの授与について

パーソナルライセンス。このタイプのライセンスでは、ドキュメントに指定されているソフトウェアのシステム要件を満たす 1 台のコンピュータ、ワークステーション、またはその他のデジタル電子デバイスでのソフトウェアの操作が許可されます。 このため、本ソフトウェアはユーザー、サイト、会社単位ではなく、コンピュータ単位でライセンスされます。 たとえば 2 台のコンピュータをご使用の場合、本ソフトウェアをすべてのコンピュータにインストールして使用するには、2つのライセンスを購入していただく必要があります。 「ユーザー」とは、ライセンス料を支払うために自らの資金を使う個人を意味します。 本契約の条項に従い、Movavi.com はユーザーに対し、本ソフトウェアを使用できる全世界的、非独占的、かつ第三者へ譲渡不能な権利を付与します。 「使用」とは、本ソフトウェアから派生したソフトウェアの全部または一部を第三者に商用的な複製や配布を行う権利なしに、本ソフトウェアを個人的な目的でのみ保管、読み込み、インストール、実行、表示することを意味します。 お客様は本ソフトウェアのプログラミング機能が意図した部分を除き、本ソフトウェアを変更したり、本ソフトウェアのライセンスまたは制御機能を無効にしたりすることはできません。 所定の契約は関連法令に従った適切な制限を考慮し、永続的に有効となります。

ビジネスライセンス。このタイプのライセンスは企業やその他の団体が使用することを意図しており、企業の目的、商用目的、ビジネス目的(プレゼンテーションやレポート作成などの社内業務目的を含む)でソフトウェアをインストールおよび使用する権利を付与します。 ユーザーに付与された権利について、ユーザーは 該当するライセンス料をMovavi.com に支払う義務があります。 このライセンスは非独占的で、他の組織または関連会社に譲渡することはできず、別段の定めがない限り 1 台のコンピューター上でソフトウェアの操作を許可するものです。

2. 体験版と登録について

お客様は、本ソフトウェアの性能を評価する目的でのみ、登録なしで本ソフトウェアを30日間まで使用する権利が与えられます。 また、本ソフトウェアの体験版を使用している場合、処理された動画には透かしが表示されます。 この体験版の制限を解除するには、本ソフトウェアに付属のドキュメントに記載されている登録情報で説明されている条件に従い、Movavi.com にご登録いただく必要があります。 お客様はご自分のシステムで本ソフトウェアを使用し、ご購入前にその有用性と機能性を十分に評価することが求められます。 本ソフトウェアではこの「購入前体験」のアプローチによって、最終的にお客様にご満足いただけるようにしています。

3. 商用利用について。 教育機関向けライセンス

私的使用を目的とした本ソフトウェアのバージョン(パーソナルライセンス)および体験版は、商用目的で使用することはできません。ただし例外として、YouTube または同様のサービスでの収益化を目的とする動画を制作するために本ソフトウェアのどのバージョンを使用しても、かかる動画に添付された説明に本ソフトウェアで動画が作成された旨の記述と https://www.movavi.com/ へのリンクが含まれていれば、本契約の違反とはなりません。

ご注意:Movavi.com は教育目的のみに教育機関向けの特別価格を提供しています。 このため、このライセンスのユーザーは教育機関の従業員または代表者でなければなりません。 教育機関向け価格でご購入いただくには、https://edu.movavi.com/ にてフォームを記入し、提出していただく必要があります。

4. 所有権について

本ソフトウェアは Movavi.com が所有し、著作権を有しています。 お客様のライセンスは本ソフトウェアの権原または所有権を授与するものではなく、本ソフトウェアに関するあらゆる権利を販売したものとして解釈されないものとします。

5. 著作権について

本ソフトウェアおよびその中の所有権を含むすべての権利(ただし、これらに限定されない)は、Movavi.com またはそのサプライヤーが所有し、著作権法および国際著作権条約ならびにその他の知的財産権法や条約によって保護されています。 本ソフトウェアは使用許可されているものであり、販売されたものではありません。 お客様は、本ソフトウェアの知的財産権が一切お客様に譲渡されないことを了承するものとします。 さらに、お客様は、本ソフトウェアに対する権原および完全所有権が Movavi.com の独占的な財産であり、本ライセンスに明示的に記載されている場合を除き、お客様が本ソフトウェアに対するいかなる権利も取得しないことを了承するものとします。 お客様は、本ソフトウェアのすべてのコピーに、本ソフトウェア上および本ソフトウェア内に表示されるものと同じ所有権通知が含まれることに同意するものとします。

6. リバースエンジニアリングについて

お客様は、本ソフトウェアの全部または一部の逆コンパイル、改変、翻訳、または逆アセンブルを試みないことに同意するものとします。

7. その他の保証について

本ソフトウェアはいかなる保証もなく、「現状のまま」提供されます。 MOVAVI.COMは明示的または黙示的にかかわらず、本ソフトウェアに関するその他すべての保証を放棄します。このような保証には、商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性などの黙示的保証が含まれますが、これらに限定されるものではありません。 一部の司法管轄区では、黙示的保証の除外や黙示的保証の存続期間に関する制限、または偶然的もしくは必然的損害の除外や制限が認められていないため、上記の制限や除外が適用されない場合があります。 この保証によってお客様には特定の法的権利が付与されますが、司法管轄区によってはその他の権利も付与される場合があります。

本ソフトウェアは、インターネットを通じて世界中に存在するサイトや情報に関連するウェブサービスを自動的に参照、表示、リンクし、提供します。 Movavi.com はかかるサイトや情報を管理することはできないため、Movavi.com はかかるサイトや情報に関する (a) 正確性、可用性、順序の完全性、通貨、内容、妥当性や品質、または (b) それらが意図しないコンテンツまたは不快なコンテンツを有するかどうかを含むがこれらに限らない事項について一切保証するものではありません。 本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ソフトウェアを通じて表示またはアクセスされるサイトや情報に関して、Movavi.com がいかなる表明も保証も行わないことを了承するものとします。

8. サードパーティー製品に関する通知

本ソフトウェアの一部は、サードパーティー製ソフトウェアやその他の著作物を利用する、または含む場合があります。 かかる著作物の使用は、それぞれの条項によって管理されます。 本ソフトウェアに含まれる特定のソフトウェアライブラリおよびその他のサードパーティー製ソフトウェアはフリーソフトウェアであり、GNU ライブラリの Lesser General Public License(LGPL)の条項の下でライセンスされています。 お客様は Movavi.com へ書面による請求を行うことで、メディアの費用、発送費および手数料を除き、LGPL の条件に基づいてかかるフリーソフトウェアのソースコードの機械的に完全に読み取り可能なコピーを無償で入手できます。 LGPL ソフトウェアは有用性が期待されて配布されていますが、いかなる保証もなく、商業性または目的への適合性に関する暗黙の保証さえありません。

MPEG-2 に関する注意事項。 本ソフトウェアに MPEG-2 の機能が含まれている限り、次の条項が適用されます。MPEG-2 特許ポートフォリオ内の該当する特許の下でライセンスを受けることなく、いかなる形態にせよ、パッケージ化されたメディア向けにビデオ情報をエンコードする目的で、MPEG-2 規格に準拠した消費者の個人的使用以外に本製品を使用することは、明示的に禁止されています。該当のライセンスは MPEG LA,L.L.C, 250 STEELE STREET, SUITE 300, DENVER, COLORADO 80206 から入手可能です。

MPEG-4 の使用について。 本ソフトウェアに MPEG-4 の機能が含まれている限り、次の条項が適用されます。本製品は MPEG-4 映像特許ポートフォリオライセンスの下で、次のような消費者による個人的かつ非商業的な使用を許可されています。(i) MPEG-4 映像規格(以下「MPEG-4 ビデオ」)に準拠したビデオのエンコード。(ii) 消費者が個人的かつ非商業的な活動でエンコードした MPEG-4 ビデオや MPEG LA が MPEG-4 ビデオの提供をライセンスしたビデオプロバイダーから取得した MPEG-4 ビデオのデコード。 他の用途は許可されておらず、また暗示されることもありません。 販売促進用途、内部利用や商用利用、およびライセンス供与に関連するその他の情報は、MPEG LA, LLC から入手可能です。 HTTP://WWW.MPEGLA.COM をご確認ください。

H.264/AVC に関する注意事項。 本ソフトウェアに AVC のエンコードやデコード機能が含まれている限り、H.264/AVC の商用利用には追加ライセンスと次の条項が適用されます。本製品の AVC 機能は、消費者による次のような個人的かつ非商業的な使用のみが許可されています。(i) AVC 規格に準拠したビデオ(以下「AVC ビデオ」)のエンコード。(ii) 消費者が個人的かつ非商業的な活動でエンコードした AVC ビデオや AVC ビデオの提供をライセンス供与されたビデオプロバイダーから取得した AVC ビデオのデコード。 他の使用方法やライセンスに関する情報は、MPEG LA L.L.C から入手可能です。HTTP://WWW.MPEGLA.COM をご確認ください。

AMR に関する注意事項。本ソフトウェアに AMR のエンコードやデコード機能が含まれている限り、次の条項が適用されます。本製品の Adaptive Multi-Rate(以下「AMR」)エンコードおよびデコード機能は、移動体音声通話の実行、または Windows プラットフォーム用の QuickTime アーキテクチャで構築されたテレフォニー製品の使用を許可されていません。 本製品の AMR エンコーディングおよびデコーディング機能は、基地局、基地局制御装置や無線ネットワーク制御装置、交換局、公衆交換回線網ゲートウェイなど、移動体通信インフラストラクチャでの使用も許可されていません。

MP3 に関する注意事項。 Fraunhofer IIS と Thomson Licensing からライセンスされた MPEG Layer-3 オーディオ符号化技術です。

本製品の提供は、収益源となる放送システム(地上波、衛星放送、ケーブルその他の配信経路)、ストリーミングアプリケーション(インターネット、イントラネット、その他のネットワーク経由)、その他のコンテンツ配信システム(有料オーディオやオーディオ・オンデマンドアプリケーションなど)、物理媒体(コンパクトディスク、デジタル多用途ディスク、半導体チップ、ハードドライブ、メモリーカードなど)にて本製品を使用して作成した MPEG Layer-3 準拠のコンテンツを配布するライセンスを譲渡するものではなく、そのような権利を与えることを意味するものでもありません。 このような使用に関しては、個別のライセンスが必要です。 詳細については、http://mp3licensing.com をご覧ください。

「無料の制限付きソフトウェアコーデック」とは、次に該当するライセンスを供与されたソフトウェアコーデックを意味します:(i) オーディオデータファイルをエンコードする MP3 機能が (a) 最大 20 個のオーディオデータファイルを処理した後、または (b) インストール後 30 日以内に使えなくなるよう制限を設けているもの。および、(ii) 無料の制限付きソフトウェアコーデックではない、ライセンスを供与されたソフトウェアコーデックの販売促進をする目的でエンドユーザーに無償で配布されるもの。

ライセンシー、ライセンシーの関連会社、ライセンシーやライセンシーの関連会社によって許可された第三者が無料の制限付きソフトウェアコーデックのユーザーに対し、無料の制限付きソフトウェアコーデックではない、ライセンスを供与されたソフトウェアコーデックへのアップグレードを促すために商業的に合理的な努力を払う場合に限り、無料の制限付きソフトウェアコーデックについては権利使用料は不要です。

FFmpeg に関する注意事項。 本ソフトウェアは FFmpeg ビデオアプリケーションとその付属ライブラリを使用します。 FFmpeg は、Lesser GNU Lesser General Public License 2.1. GNU Lesser General Public, Free Software Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA の下でライセンスされた Fabrice Bellard(FFmpeg プロジェクトの創始者 - FFmpeg プロジェクト、http://www.ffmpeg.org)の登録商標であり、かかるライセンスの条項の下で配布や改変を行うことができます。

Qt® に関する注意事項。 本ソフトウェアは、GNU Lesser General Public License 2.1 の条項の下で Qt Toolkit およびその付属ライブラリを使用しています。Qt は Digia Plc やその子会社の登録商標であり、Digia Plc やその子会社からのライセンスに基づいて使用されます。 その他の詳細については、http://qt-project.org/ をご確認ください。

Google-Glog に関する注意事項。 本ソフトウェアは、修正三条項 BSD ライセンスの条項の下で glog ライブラリとそのコンポーネントを使用しています。 Copyright© 2008, Google Inc. BSD ライセンスの全文は、http://opensource.org/licenses/BSD-3-Clause にあります。

Boost に関する注意事項。 本ソフトウェアは、Boost 1.0 ライセンスの条件の下で Boost ソフトウェアライブラリを使用しています。 Copyright Beman Dawes, David Abrahams, 1998-2005, Rene Rivera 2004-2007. 本ライセンスの全文は、http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txt にあります。

9. お客様の情報と MOVAVI.COM のプライバシーポリシーについて

9.1. プライバシーポリシーについて。 Movavi.com にご注文およびご登録プロセス中にご提供いただく個人情報は、Movavi.com の社内目的のみに使用されます。 Movavi.com は各プライバシーポリシーに厳密に従ってこの情報を使用します。 Movavi.com は法律で合理的に要求されている場合を除き、本条項で認められている場合、あるいは Movavi.com、その代理店、その関係者を保護するために必要な場合を除き、お客様の明示的な承認なしに第三者に個人情報を提供することはありません。

10. MOVAVI.COM サポートセンターについて

10.1. 当社は最高のソフトウェア使用体験をご提供するため、あらゆる方法でお客様を支援いたします。 何らかの支援が必要な場合、またはご質問への回答が見つからない場合は、Movavi サポートセンターの当社サポートチームまでお気軽にお問い合わせください。

10.2. お客様からのご質問に対応するため、Movavi.com はその時々にお客様のユーザーデータと経験に関する情報のご提供をお願いする場合があります。この情報はソフトウェアの操作性を評価し、製品とサービスの改善と強化を図る目的で使用されます。 このような場合に個人情報やその他のユーザー情報を収集する主な目的は、個別ユーザーに特化した安全・円滑・効率的な保守サービスをユーザーに提供することです。 たとえば、Movavi.com は問題に対する技術サポート、カスタマーサポート、トラブルシューティングを提供し、サービスの更新や障害に関する通知を行い、お客様の身元を確認し、お客様や Movavi.com の利益を保護する目的で、許可を得ている場合に、または必要に応じて、お客様に関する個人情報を収集し使用する場合があります。 かかるデータには、お客様の氏名(会社名)、メールアドレス、電話番号などの情報が含まれる場合があります。 また、当社サポートチームは、プログラムのエラーメッセージ、Movavi プログラムのバージョン、そのアクティベーション状況、お使いのコンピュータの技術仕様など、特別なログファイルの収集の許可をお願いする場合があります。 この情報は必要な技術サポートを提供し、研究開発作業を継続するために必要です。

Movavi.com は各プライバシーポリシーに厳密に従ってこの情報を使用します。

10.3. お客様は、サポートを受けるために Movavi.com に公開または非公開で提供したすべての情報、データ、テキスト、写真、動画またはその他のコンテンツ(以下「コンテンツ」)について、かかるコンテンツを提供した人物が単独で責任を負うことを認め、これに同意するものとします。 これは、ユーザーが 、Movavi.com のウェブサイト、ファイル共有サービス、ファイルホスティングサービスを通じたあらゆるコンテンツのアップロード、投稿、その他の方法での送信について、また、かかるコンテンツの有効性、正当性、完全性、適用性、著作権の遵守について単独で責任を負うことを意味します。 Movavi.com は、ユーザーのコンテンツを一切管理しません。

11. アップグレードについて

11.1. 「ソフトウェアアップグレード」(「メジャーアップグレード」とも呼ばれる)は、現在お使いのバージョンに大幅な変更や改善をもたらし、バージョンの主番号の変更を伴う、より新しい改良されたバージョンです。 これらのバージョンは有料で提供されます。

11.2. 「ソフトウェアアップデート」(「マイナーアップデート」とも呼ばれる)は、発見されたバグや誤動作に対する修正や軽微なソフトウェアの改善を提供するソフトウェアのロイヤリティーフリーのダウンロードです。 これらのバージョンは、特定のソフトウェアバージョンの開発期間中に Movavi.com によって提供されます。

11.3. Movavi.com は、以前に開発された本ソフトウェアのバージョンに対するアップデートの提供を保証しておらず、本ソフトウェアをご購入いただいた後にリリースされたデバイスやオペレーティングシステム上でのご購入済みソフトウェアの操作性や互換性も保証するものではありません。 ただし、Movavi.com は元のシステム要件に従い、以前ご購入いただいたプログラムに関する技術サポート(相談およびその他の支援)を引き続きご提供いたします。

以前ご購入いただいたソフトウェアのメジャーアップグレードをご購入いただく前に、エンドユーザーは、アップデート後のプログラムのシステム要件に従い、アップデート後のソフトウェアを特定のデバイスで使用できるようにしなければなりません。

12. 分離条項

本ライセンスの任意の条項が無効となった場合、関係者はかかる無効部分が本ライセンスの残りの部分の有効性に影響しないことに同意するものとします。

13. 間接的損害に対する責任の免除

MOVAVI.COM またはそのサプライヤーは、本ソフトウェアの提供、パフォーマンス、使用に起因するいかなる種類の帰結的、特別的、偶発的、または間接的損害について、かかる損害が発生する可能性についてMOVAVI.COMが報告を受けていたとしても、一切の責任を負わないものとします。 契約または不法行為であれ、その他法的責任の根拠が何であれ、MOVAVI.COM の責任は、お客様が支払ったライセンス料を超えないものとします。

14. 一般条項

本契約はお客様と Movavi.com との完全な合意であり、本 EULA の内容に関して書面または口頭で事前に交わされたすべての合意、または了解事項に優先するものです。 本 EULA の一部が無効で強制力がないことが判明した場合でも、本契約の残りの部分は影響を受けず、その条件に従って引き続き有効で強制力を維持するものとします。 本 EULA は、お客様がその条件を遵守しなかった場合、自動的に終了するものとします。 Movavi.com は、独自の裁量で本 EULA をいつでも変更できるものとします。

本契約、および本契約またはその内容や形成に起因または関連する紛争や申し立ては、キプロスの法律に準拠し、これに従って解釈されるものとします。